山の豆知識:山と岳ってどう違うのよ?

山と岳ってどう違うのよ?のタイトル
山の名前を調べていると…男体山とか北岳とか…「山」と「岳」がやたら混在してる…。
ん〜なんでだろう?とチョット気になったので調べてみることにしました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ


日本で「山」の名前がつく一番高い山は富士山!
二番目は北岳は…ん…「岳」
三番目はというと…穂高岳でこれもまた「岳」ですね。
てかてか〜!おいおい!山の豆知識の日本の標高の高い山ランキングを見返した結果…標高の高いベスト10で「山」の名前がつけられているのは富士山だけじゃん!

私は日常で…

山へ登りに行ってきます〜!

頭を掻いているイラスト

なーんて言っていたけど…実のところ…登っていたのはばかりでした!

さて…「山」「岳」、その言葉を辞書で調べてみたところ…


読み:さん
地表の高くもり上がっているところの総称。また、そのようなもの。
読み:やま
平地より著しく高く盛り上がった地形の所。


岳(嶽)
読み:がく・たけ
高くて大きな山。けわしい山。
Google検索結果より

だそうです…けれども、「岳」が「山」よりも高いというコトではありません。
先に述べたように、富士山が日本で一番高い山ですしね…。

で、今まで登ってきた山を振り返ってみると…私が夏山に登っている山は…「山」よりも「岳」の方が多いようです…。
実際、日本の山の3000m峰が27座あるのですが、『世界山岳百科事典』(山と渓谷社)によると…
25座>山2(富士山・立山)

圧倒的に「岳」が多い〜!

そういえば「峰・嶺」がつく山もあるよね?

コチラも辞書で調べると…峰は「山のいただきのとがった所。山頂」と書いてありました。
鋭い岩峰や岩頭などにつけられることが多く、白馬・不帰嶮には不帰一峰や不帰二峰北峰とつけられた場所がありました。
ん〜でも、でもさあ〜富士山や乗鞍岳の山頂にある剣ヶ峰…名前は尖っているが…実際は尖ってないんだよね〜。

で、結局…今回、私が調べてみた結果によると…。
山・岳・峰の名称の付け方については、明確な定義はない!
山の高さや形状、険しさや地域により名称が変わったり、命名された年代によっても違うし…さらに、同じ山なのに複数の呼び名があって「岳」と呼ぶ場合や「山」呼んだり…。
挙句の果てには岳や峰が連なっていて…もうゴチャゴチャな場合など…これと言った決まりがないので、このケースはこうですよ!と区分することは難しいようです。

えっと…結局…特に決まりはないって結果でよろしいんですか〜?

げんなりとしたイラスト

ただし一定の基準はあるみたい?

山は

山の絵
平地に比べ高く盛り上がっている地形を指す。

岳は

岳の絵
山が連なりそびえるさまを表し、それは高くて険しい地形。

峰は

峰の絵
尾根の突き出した部分を指します。
場合によっては山頂を意味することもあります。

まとめ

結局、今回時間をかけて調べてみても山と岳の明確な違いはわかりませんでした…が…!

あの岳へ行こう!より

あの山へ行こうよ!

見上げるイラスト

あの山の峰を目指そう!より

あの山の山頂を目指そう!

見上げるイラスト2

が、私の中では定着しているで、今後も続けて使っていこうと思います。

kakutama.comの印のつけられていない、山の写真については
フリー写真素材ぱくたそ 様
Pixtabay 様
山岳風景 壁紙/フリー写真 様
から、フリー写真をお借りしました。