日本の標高の高い山ランキング

日本の標高の高い山ランキングタイトル画面
日本で一番高い山は…皆が知っている富士山!
でも二番目に高い山…そして三番目は…?そう思ったら気になり…さっそく調べてみたくなりました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

日本の標高の高い山:ベスト10
1 富士山(ふじさん) 静岡県・山梨県 3,776m
2 北岳(きただけ) 山梨県「南アルプス」 3,193m
3 奥穂高岳(おくほたかだけ) 長野県「北アルプス」 3,190m
4 間ノ岳(あいのだけ) 静岡県「南アルプス」 3,190m
5 槍ヶ岳(やりがたけ) 長野県「北アルプス」 3,180m
6 悪沢岳(わるさわだけ) 静岡県「南アルプス」 3,141m
7 赤石岳(あかいしだけ) 静岡県「南アルプス」 3,120m
8 涸沢岳(からさわだけ) 長野県「北アルプス」 3,110m
9 北穂高岳(きたほたかだけ) 長野県「北アルプス」 3,106m
10 大喰岳 (おおばみだけ) 長野県「北アルプス」 3,101m

私が今までに登ったことのある山は「富士山、北岳、奥穂高岳、槍ヶ岳、涸沢岳、北穂高岳」です。
南アルプスの山は北岳、鳳凰三山以外は行ってないですね…。

日本の標高ベスト3

海外から見れば国内の山は低いんですって。
残念なことに海外の山へ行ったことがないので、海外の山のスケールのデカさを知らないんですが、やっぱりスゴイの?

1位は誰もが知る世界遺産に登録された富士山

富士山のイメージ
富士山は3776メートル!
2位以降の山と比べると583メートルも高いんですね。
歩く距離は長いし、雨風降ったらハードモードな山になる山ですが…メジャーコースなら山小屋は多いし、登山者が多い登山道でひとりになることもないので

登山経験がなかった頃でも頑張りで登れた山

富士山を見ているイラスト
ただ…この山を登った報告をしても、登山を趣味にしている方にとっては「ふ〜ん」で終わられることが多い…。
関連記事「富士山・御殿場ルートを日帰りで登ってきた

2位は南アルプスの北岳

北岳イメージ
3193メートルの高さになります。
北岳へ登るための幾つかのルートの一つ「右俣コース」は距離はあるけれど、山頂手前の肩の小屋までは体力があれば何とか登れた。
むしろ、肩の小屋から山頂までの道のりが岩場道なのでチョットドキドキ。

山頂自体は安心してくつろげるスペースがあったよ

北岳を思い出しているイラスト
山頂は社や鳥居などの建築物はまったくなく、三角点と看板のみのシンプルさ。
関連記事「バテバテ山ガールと北岳の肩の小屋でテント泊(前編)

3位は北アルプスの奥穂高岳

奥穂高イメージ
3190メートルの高さで、2位の北岳とはわずか3メートル差!
そして…第3位なのに…この山頂へ行き着くまでの道のりがハード!
私は重太郎新道経由南岳小屋〜大キレット、北穂高岳経由の激ハード・ルート!で山頂までたどり着きました。
他にも涸沢からのザイテングラートを経由やジャンダルム経由もあるみたいですが…いずれにしても初心者にはちとキツイ!

しかも山頂が〜狭くて〜岩場で〜怖い〜!

奥穂高山頂は厳しかったイラスト
こちらは山頂に社や石版がありましたが、足場が岩場ということもあって高揚感たっぷり過ぎて…ちょっと落ち着けない山頂でした…。
関連記事「Coming Soon」

山の上によく有る三角点

日本で二番目に高い北岳にある三角点、ついつい日本の第二位の高さに位置する三角点だと思うかもしれませんが…。
高さとしては日本第2位ではなく、3位の高さになります。
北岳の三角点は三番目の高さのイラスト
なぜ3位なのかと言うと…富士山に2つも三角点あるからなんですって。
富士山は山頂部が広く測量上2つ設置する必要があり、剣ヶ峰の3776m富士白山岳の3756mにあるそうです。

ちなみに富士山の三角点は1等ではなく2つとも2等三角点です。
この1等とか2等とか…どういう基準でつけられているかは…私も不明瞭なので割愛しますが…北岳の三角点は三等でした。
北岳の三角点は三等三角点
三番目の高さだから三等ってワケじゃないんですよ〜。

ちなみに、3000m以上山にある一等三角点は4つだけなんですって!
その山は
赤石岳(標高:3,120m)
前穂高岳(標高:3,090m)
御嶽山(標高:3,067m)
乗鞍岳(標高:3,026m)
になります。


kakutama.comの印のつけられていない、山の写真については
フリー写真素材ぱくたそ 様
Pixtabay 様
山岳風景 壁紙/フリー写真 様
から、フリー写真をお借りしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする