山の雑学(009)晴れ女または雨女と登山

山の雑学(009)晴れ女または雨女と登山のタイトル


登山中に「やっぱり晴れ女(男)」が居ると違うわね〜!
と、言っている人を見かけたコトがあります。
個人的には
人間ごときで天気が左右されるか〜?
と思っているんですが…。
居るんでしょうかね? 天気を操る力を持つ人って…。

雨女、晴れ女は居るのだろうか?と思う登山者の漫画

雨女、晴れ女は居るのだろうか?と思う登山者の漫画

雨女、晴れ女は居るのだろうか?と思う登山者の漫画

雨女、晴れ女は居るのだろうか?と思う登山者の漫画

楽しみしていた、登山の日に限って雨が降る。
それが数回重なると…「自分は雨男・雨女なんだ」って思ってきちゃうかも。
楽しみにしていた登山だと、天気の記憶は強く残りますものね。

昔、大勢で登山へ行っていた頃は雨だとわかっていても、
参加者のスケジュールが合う日がその日しかなかったので、最初からレインウェアを来て登りに行ってました。
するとね「このメンバーで登るといつも雨よね〜」という発言も出てくる。
いつも…ではないんだけど…やはり悪天候は記憶に残りやすかったのでしょう。

反対に、雨予報でも晴れた!経験を数回すると…
自分は晴れ女だ!
って思ってくるかも。

余談ですが、スキーの知り合いで
「自分が滑る時は絶対にパウダーだ」
と、言う人がいました。

「この間のスキーもパウダーだった!」
と言い張るその日…私も一緒に滑ったのですが…
どこにパウダーが?
って言うゲレンデ状態。
でも、その人にとっては…パウダーなんですよ…。
気の持ちようも、晴れ女・雨女説に関わってきそうですね。

私は登山へ行く前に、特に北アルプス縦走の時は天気予報をチェックしまくり、
コレはお天気間違いなし!
って日を狙って登りに行きます。
なので、雨に降られる日は少ないのですが、私の登山の晴れの日と雨の日率は9:1かな…。


 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タイトルとURLをコピーしました