単独テント泊で黒部五郎岳を縦走登山(03)薬師峠

単独テント泊で黒部五郎岳を縦走登山薬師峠タイトル

今回で3度目の太郎平小屋と薬師峠キャンプ場。薬師峠キャンプ場はテント泊初心者にも水・トイレ・受付が便利でお気に入りの場所です。初日の今回は山での行動時間も短いので、キャンプ場に到着する時間も早くのんびりとした1日を過ごすことができました。

  にほんブログ村 アウトドアブログへ

太郎坂から太郎平小屋まで

五光岩ベンチから太郎平小屋までのイラストマップ

晴天と素敵な風景の下、るんるん気分で太郎平小屋に向かって上りを続けます。

太郎平小屋へ向かって登る

歩いてきた道を振り返ればなんて素敵な!
今まで登ってきた成果がこうして目に見えるのって嬉しいですよね。

今まで登ってきた道を振り返る

そしてひたすら登る。

空への登り道が続いていく

標高が高くなるにつれ、息は辛くなるのですが…今まで見えてなかった山々の頂が

ひょっこり

ひょっこりはんイラスト
と見え始めるのが嬉しい。

遠くにある山を見る

この太郎坂、3回目にしてやっとようやくオール晴天の下で登っていけそうな感じじゃない???

青空の登山道

そして…
3回目にして、初めて見たよ太郎坂からの薬師岳の稜線〜。

太郎坂から見る薬師岳

前2回の登山の時は、ここら辺からの風景はガスっていて薬師峠の「や」の字も見えていなかったんだけど…晴れていたら近視&老眼のワタシにもこんなにハッキリ見えるんだ感動。

晴天下の太郎坂

風景に元気をもらいつつも…今回は出だしをちょっと飛ばしちゃったのもあって、結構体が疲れていますね…。
また、今年は外出自粛のおかげでジョギングトレーニングや通勤がなくなったせいで…体力確実に落ちています!

こんな見るからに、歩きやすそうな…そう!まるで遊歩道の道なのになかなかペースが上がらない。

石畳の道の太郎坂

ふぅふぅ息を弾ませながら登っていたら…
あらやだ!! なんだか周りが霞ってきたんじゃないの!?

木道とガスった太郎坂

まぁ、こんなのすぐに晴れるさ
って思っていたらちょっとちょっとちょっとちょっと、めっちゃガスってる。

白くガスってきた

さっきまで美しく、紫外線たっぷりで晴れていたのに…なんでー!!!

あぁ私ほんととことん太郎坂に嫌われているんじゃないの?

無く登山者のイラスト

このコースを3回歩いて、3回ともガスなんて…あんまりだ〜!
毎回毎回、天気予報が晴れの予報を確認して、登りに来ているのになんでガスるのよ!!!

ガスで視界が悪い

ああ…今回の山行も雨なのか…ガスなのかな…
切ないなぁ…と思いながら登る。

ガスが湧いてきた

私の中では今回の折立出発登山で、毎日アルペン号を利用しての登山はオシマイ。と思っていたので…

有終の美を飾れない…

と、思っていたら…そんな私の心を察してくれたのか…
あ!急に雲と雲がない場所の分かれ目ゾーンが出現。

雲がきれてきた

ここより先に進んだら…ガスが…ガスが消えちゃった
ちょっと雲が多いけれども青空が見えるよ!
そしてあそこにちょこんと見えるのが太郎平小屋だ!

遠くに見える太郎平小屋

ウレピー!!!

写真で見ると、もうちょっとで着く場所なのに…近づかない、太郎平小屋。
私よりも20歳位上そうなご夫婦に道を譲り…

あーもう本当に体力がないんだなぁ

登山者のイラスト5

ってことを実感。
でも、まぁ…時間はまだ11時半程。早く着いたところでやることないし、焦らず行こうぜ!

あともうちょっとで着く太郎平小屋

上の写真で見ると、もう1分も歩けば着くんじゃない?って感じっしょ?
まぁそれがなかなかつかないのよ…。
おそらく1分ちょいで着いたと思うんですが…疲れてる時の1分って長いから…。

11時18分太郎平小屋に到着

太郎平小屋

うふふ! 2年ぶりの太郎平小屋に着いたよ!
ここを起点にした登山は私にとってはいつもハードな登山で、どの山行も心に残っています。
もっと年をとってテント泊とかができなくなったら…太郎平小屋にお世話になります。
その日を楽しみに…今回もスルー。

薬師峠キャンプ場

太郎平小屋から薬師峠までのイラストマップ

私が太郎平小屋に着いたのはまだ12時前。
テント場の受付は薬師峠キャンプ場で行われるとのことで、ここでは受付を受け付けていませんでした。
ちなみに、小屋に入る時はもちろん要マスク。
その他にもこのような注意書きが

太郎平小屋からのお願い

前回も述べましたが、2020年の折立キャンプ場は熊の出没により運営がお休み。
2021年は…どうなるのかしら?

太郎平の広場

太郎平小屋は立ち寄りの外食も受け付けていて、皆さんがラーメンとかを食べているのを見ると

私も食べたい

困った顔をしている登山者のイラスト

と思うんですが、ザックの中には2泊3日登山での食を計算して持ってきた食料がたっぷりあるので我慢。
そして太郎平小屋の名前の通り?、ここは平らな広場が広がっています。

太郎平の道標と風景

ここから北アルプスの奥地の山々が見え…見えない…かな?

太郎平の道標

道標もモニュメント的に設置されていて、この太郎小屋を起点にして行ける場所が書いてあります。
ココから行ける場所…北アルプスの奥地ばかりでワクワクします。
ここから初めて行ったのは雲ノ平、その次は薬師岳五色ヶ原を越えての立山、どれもこれもなかなか辛かったけど…いい思い出しかないのよね〜。

太郎平小屋からの風景

今回の黒部五郎岳で、私の行きたい山はコンプリートできたので…気持ち的には満足。

さあさあ!! ここでいつまでもゆっくりはできない!

太郎平小屋から薬師峠キャンプ場へ向かって歩き出す

今夜の幕営地の薬師峠キャンプ場でテントを張らねば。
で、太郎平小屋から薬師峠へ向かって歩き出した途端に…。

雲で遮られる木道

ガ・ス!!

でもね、すぐに天気がコロコロ変わるのが山。

北アルプスの奥地野山が見える

ガスはあっという間にどこかへ流れて行き、広がるのは青と白い雲。
雲はいろいろな形を作っては流れさっていくので、それ見ているのも面白い。

木道と山

ココに来るまではしんどかったけど…

あ〜やっぱり山はいいなー。

振り返れば、明日歩く予定の黒部五郎岳への道のりもしっかり見える。

雲が湧いてきている

うほっ!なかなか美味しそうな道が続いていくじゃないですか!
明日が楽しみ!

明日歩く道が見える

進行方向には薬師岳が見える…。

進行方向の薬師岳がきれい

薬師岳…。
過去に登った時は…雨だったねぇ。
晴天下で登ってみたいね…。
うん、元気だったら…テントを張ったら薬師岳へ登って来ようかな?って思ってたんだけど…

薬師峠のキャンプ場方面

無理ぃ!
ここの時点で、疲れているし眠いし…ザックを降ろしたいし…で…

いいや。薬師岳…またねー

一息ついている登山者のイラスト

今日はテントを設置したら、明日に備えてひたすら寝よう!って判断しました。

木道を歩く

ええ、ええ、こんな青空の日に…まだ午前中にキャンプ場につけるのに…テントを設営後に午後何もしないでテントにいるなんてちょっともったいないかな?とも思うんですが…。

明日の山行予定の距離が長いのもあったので、

登るのしんどいかも?

と、思うようだったらやめておくのが、中年登山のポリシー

テント場が見えてきた

こうして12時には薬師峠キャンプ場に着きました。
キャンプ場の受付はまだやっていなかったので、テントを設営して…テントの中で2時間ほど寝ましたよ。

やっぱりねぇ…夜行バスは安眠できないから年々辛いのよ。

寝ている登山者のイラスト
で、目が覚めたらキャンプ場の受付が開始していた。

キャンプ場の受付はこちら。

薬師峠キャンプ場の受付

受付はビニールシートで区切られていて…対策がとられているようです。

薬師峠のテント受付

受付後にここで買ったのがモルツビール。
そういえば、この薬師峠キャンプ場はいつもモルツビールの気がする…。

モルツビール

ちなみに…近所のスーパーへ行くと、プレモルは売っているんですが、ふつーのモルツは売っていない…。
アナタの近所でモルツビール、見かけますか?

テントはどんどん増えていく。
テントの中でお絵かきをしながらゴロゴロしていていると…

設置する場所ないよ〜…あのテントとテントの間に設置…できるか?

などの声も聞こえてくる。
2020年、北アルプスの混み合うテント場は要予約制でしたが、薬師峠キャンプ場はテント場の予約は必要ない。
なので、この先どれだけテントが増えていくんだか〜?

テントを設営した

シュラフにくるまり、絵を描いたり、寝たりしながら…時間を費やしていると…日が陰ってきたので…

さて、本格的に寝るか!その前にトイレ。

叫ぶ登山者のイラスト

我ながら…テント泊の時って本当に寝ます!
いつもはセコセコ「ブログ更新したよ〜!」とTwitterで通知していますが、山へ行くとネット環境からは離れ、歩くか寝るかしかしていないかも…。

水場とトイレへ向かう

薬師峠キャンプ場の水場は…ジャブジャブ水が流れっぱなし。
すっごく冷たい水が勢いよく出ていますよ。

薬師峠キャンプ場の水場

トイレも綺麗に清掃されていて…気持ちよく利用できます。

薬師峠キャンプ場のトイレ

なので、使う方も綺麗に利用しましょう!

出すのも出し切って、水も汲んで明日に備えたら…外が明るくても寝ます。
時間は16時53分。
家に居たら、まだまだウェ〜イ!!な時間だけど、寝ます。

その頃にはテントは更に増えていて…

薬師峠のキャンプ場

この先…どれだけテントは増えるのかしら?

さあ!明日は初めて歩く太郎平小屋から黒部五郎岳の道のりになります。
明日の幕営地は三俣山荘…距離はかな〜〜り長いのよ!なので、今夜はしっかりと寝ておきたいと思います。

次回「単独テント泊で黒部五郎岳を縦走登山(04)太郎山」に続きます。

タイトルとURLをコピーしました