春目前!塔ノ岳からヤビツ峠を単独縦走(後編)

塔ノ岳からヤビツ峠へタイトル

初!3月の登山!いつもは緑や紅葉に包まれている山は色がない世界でした…

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01塔ノ岳から新大日まで

塔ノ岳から新大日までの地図
塔ノ岳山頂の寒さに追い立てられるかのように、さっさと塔ノ岳山頂を後にし、ヤビツ峠に向かってあるき始めることにします。
ヤビツ峠へ向かって下山開始
新たな目的地へ向かって進む時、道標の進行方向地図で幾度も確認しちゃいます。
道を間違えたら戻ればいいだけだけど…間違えたくないじゃん?特に下りは。

街でもこのくらい注意深くしていれば街中迷子にならないだろうけど…

照れ笑い顔のイラスト
山では迷子にならないけれど、街では迷子になる…登山者あるある〜ですよね???
ちょっとぬかるんでいる
山頂近辺は寒さのおかげで霜柱もしっかりシャクシャク!
ココ最近都内では味わうことのなかった霜柱を踏みしめる感覚が楽しい。
少し細い尾根
表尾根縦走コースは恐怖を感じるほどではありませんが、細めの尾根が続きます。
色のない尾根
4月になれば緑に覆われるのかしら?
色がない世界はちょっと寂しい。
雪が残る尾根
綺麗に見える残雪はここ数時に降ったものかしら?
そして…人は…綺麗な雪を見ると足跡をつけていくんですね…

てか?足の裏の泥を拭った跡かしら?

苦笑いをするイラスト
足の裏についてアレコレ…つい綺麗なモノで拭ってしまう…人の習性…。

あ!眼の前に登りが見えてきていますよね?
雪が溶け始めた尾根
表尾根縦走コースはアップダウンの差は少ないですが、大倉尾根を登ってきてちょっと疲れた足には登り斜面はちょっとシンドイ。
階段を登る
そう思うと、ここのコースは夏のテント泊に向けてのトレーニング向きなコースかもしれない?
木道の整備をしている
また、歩いてみて感じましたが、表尾根コースもかなり崩壊が進んでいるように見受けられました。
木道の途中で道の保護ために木道をかけ直す工事が行われていました。

ありがとうございます

同意している笑顔のイラスト

工事中のお兄さんたちが手を止めてくれている間に先へ進みます。
標識を見る
このコースはヤビツ峠から塔ノ岳を目指す方が多いせいか?塔ノ岳からヤビツ峠を目指す私の周りには…誰も居ない…。
そして時間的にもすれ違う人もいない…。
寂しい…。
木道を登っていく
6ヶ月ぶりの登山なのに…いつものひとり登山…そして独り歩き…。
心がまだその状況下に復帰していないため、丹沢のメジャールートなのにネガティブな妄想が膨らむ私。

そして塔ノ岳を出てから初めて見た建物が現れた
木の又小屋に到着
木ノ又小屋に到着!
小屋には人の気配は感じられず、営業しているか不明な感じ…。
木の又小屋周辺
なのでそそくさとその場を通過しちゃいました。
更に歩く
この先も緩やかなアップダウンが続きますよ〜。
ますますぬかるむ登山道
陽も昇って、気温が上がってきたせいか?だいぶ霜柱が溶けて、足元がネチョネチョ…。
新大日へ続く道標
急ぐ山行でもないのですが、これ以上道がネチョネチョになったら嫌〜!と思ってしまってついつい早足に。
雪の残る階段を登る
木々の間から小屋が見えてきた気がします…。
はい!着きました!
営業をしていない新大日小屋
新大日茶屋に到着〜!
…ってどう見ても…営業していないですね…。
新大日茶屋は随分前から休業しているそうです。