中年女性の登山トレーニング(1)

中年女性の登山トレーニング(1)タイトル

登山のトレーニングは、山でのトラブルを回避するためにも、とても重要とされていまあす。
私は登山トレーニングを講習したことがないので、登山トレーニング方法について語ることはできませんが、普段私が行っている登山のトレーニング方法については書けます。
実際の登山トレーニング理論には程遠い自己流のトレーニングですが、とりあえずひとりでテント泊登山をしている、中年女性はこんなトレーニングをしているんだよ〜っていう一つの例として読んで頂ければ幸いです。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

このブログを読んでくださっている方々はご存知通り。
私はひとり登山が中心です。
なので、トラブルがあったとしても基本自分ひとりで対応しなければなりません。
その対応方法は「山岳保険」だったり、「知恵」「装備品」だったりするのですが…私が思う一番のトラブル対応策は「まず体力をつける」だと考えています。

なので、登山中に怪我や筋肉痛動けなくなったや、バテたりなどしないためにも…正直、本当に面倒だけれど体力維持のためのトレーニングはするようにしています。

とは、いえ…冬になってチョットサボりがち

悩む登山者のイラスト

ええ…前は1日おきに行っていたトレーニングも最近では3日おきとかになっています…
なので、自分のケツを叩く意味もこめて「私のトレーニング」について、この記事を書きました。

登山力で重要なのは…


1・体力
2・地図読み
3・安全管理

って言われているんですって、ご存知でした?
私は今回の記事を書くにあたって初めてしました。
えっと…天気、地図、装備かと思っていました。

登山の範囲を広げていきたいのであれば体力は必要だ

イメージ画像1
私は最初、仲間とワイワイ登山から登山デビューをし、その後小屋泊そしてテント泊を経てひとり登山、そしてテント泊登山が中心となりました。
そうなるとですね…ひとり登山デビュー時は
女ひとりで遠くまで…しかもテントなんて無理よ〜
なんて言ってたくせに。
山に登るにつれ、どんどん欲は広がり

もっともっとあの山この山へ行きたい!テント泊ならお金もあまり気にせず行ける!

笑う登山者のイラスト

と、範囲がぐんぐん広がっちゃいました。
で、ひとりテント泊登山をしているうちに気がついたんです。

いい道具買ったって、背負い方歩き方考えたって…結局は体力じゃん。
登山の土台になる体力がなくっちゃ…登山って結構辛い!

凹む登山者のイラスト

なので、その体力をゲットするために日々のトレーニング…面倒だけど辛いけどやらなくちゃなぁと腹をくくっています。

自分の体力レベルに合った山を選んでいるけれど
それでもトレーニングは必要なの?
まったり登山でもいいじゃん!

叫ぶ登山者のイラスト

もちろん、その考えも「イイ」と思っています。
トレーニングをしなくてもいい範疇の山で山を愛でるのも、楽しい登山ですよね!
実際私もダンナを山へ連れて行く時は
一切トレーニングをしていないダンナでも楽に登れる山
を前提に選んでいます。

それでもけっこう辛いのよ〜

嫌がる登山者のイラスト

でもね、過去に居たんです。
トレーニングもろくにせずにテント泊ザックやシュラフを買ってきて
私を北アルプステント泊に連れて行って!

アレ〜?この人…大山や金時山で十分って言ってなかったっけ?

考える登山者のイラスト005

そのトレーニングをしない人とテント泊へ行ったところ…

出だしから重みに潰れて休憩だらけ。
せっかく稜線に出てもフラフラで周りを見る余裕もない。
テント場へ着いてもすっかりバテてなんにもできない。

正直…

体力つけてから来いよ

疲れた登山者のイラスト001

って思ったもんです。
更に最悪なことに、体力差によって人間関係が気まずいコト限りない…。
余裕で歩ける人、余裕で歩けない人…この2人が体力的・精神的にギリギリで食い違うと…どんな感情がぶつかりあうのか?…まあ書かなくても想像できますよね。

なので、
ちょっと自分にとっては背伸びの登山がしたいかな?
そう思いはじめたら…ちょっと面倒でもトレーニングはして欲しい気持ちはあります。私。

体力があると、こんなに違うよ

イメージ画像2

私も最初からトレーニングをしていたわけではありません。
とある日に友人から一晩中
「太ったね〜」
口撃を受けて、走ってダイエット!を初めたのがキッカケでした。

まあ、走ってダイエット!の目的は叶いませんでしたが…
走り続けたある日、山へ登ったら

あら!なんて登山が楽なんだろう!


そう思ったんです。

実際、その日まで登山があまり好きではありませんでした。
苦しいし、辛いし…でも日々走っていることで体力のついた私の身体は違いました。
余裕ある体力で山を登ると、今まで見えてこなかったアレコレが見えてきて…
登山って楽しい!
そこから登山に目覚め…今に至るわけです。
現在の私の登山はノンビリマイペース登山を主としています。
年齢と共に体力も気力も落ちていますからね、でもそれでもイザって時の「体力」はいつもとっておいてあります。
その余分の「体力」はやはり日々のトレーニングがないと維持できないんだろうなーと思って

本当に面倒で、しんどくて、痩せないけど

トレーニングを頑張っています。
おかげでぶっといふくらはぎも手に入れました。

私なんぞが言わなくても当たり前だのクラッカーですが
ひとり登山を続けるなら、トレーニングも続けるしかない…。
そう思って…今後も頑張ります。

あ、そうそう…世の中には「トレーニングをしなくても体力のある方」もいますね!
でもそんな方って…基本的に身体を動かさざる日常下にいるか、常にこまめに動いている人のような気がします。

ちなみに私の日常は朝から夜まで机の前。

これじゃあ体力がつくわけないね。
トレーニングをしない日や山へ行かない日の休日なんて1日で何メートル歩いたの?ぐらいの運動不足っぷり!
これじゃトレーニングをしないと筋肉が体力が落ちるっているのもおわかりですよね〜

結局、何が言いたかったかと言うと…

体力はあった方がいいので、トレーニングをがんばろう!私

笑う登山者のイラスト

ってことです。

次回「トレーニングのメリットを具体的に考えてみる」に続きます。

タイトルとURLをコピーしました