日帰り単独縦走三ツ峠山(1)出発地さくら公園

日帰り単独縦走三ツ峠山タイトル

久々の…登山です!スキーがほぼできないまま、家篭りな冬を終え…すっかり身体がなまった私は身体への負荷が少ない低距離・短時間で登れる登山を楽しんできました。


 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


三ツ峠さくら公園

さあ!今回の登山も…ダンナの送迎付き登山という、イタレリツクセリ登山です。
緊急事態宣言が解かれた時期に登山へ行くことにしたのですが…電車で登山に…何となく気が乗らない。
そして、緊急事態宣言のおかげで私もダンナもすっかり引きこもり生活が続いていた。

こういう機会でも作らないと…ダンナは全く家からでないし、車もバッテリー上がっちゃうわよ!

悩む人のイラスト
って自分にとって大変都合の良い理由を言って、今回の登山に車を出してもらうこと決定。
※うちのダンナは登山をしません。

私は東京都在住なので、長野県まで行くにはチョット気合がいる。
うちから片道2時間ぐらいで…登って降りてが6時間以内で、富士山がババーーーーーン!と見える山はないかしら?と思って調べていたら
三ツ峠山山頂から見る富士山が綺麗
という、記事を読んで。

三ツ峠山から富士山を見るんだ!

登山者のイラスト
と、今回の登山を決めました。
今回の出発目的地は下の地図になります。

いつもブログで描いている登山ルートに関しては別途描きますが、登山口などの交通に関する情報地図は…やはり天下のグーグルマップを利用したほうが皆さんわかりやすいと思いまして…。
都留インターを降りて、ナビの案内通りに「三ツ峠さくら公園」へ向かいます。

三ツ峠登山口へ向かう1

三ツ峠さくら公園の近くになると、このような標識が出てくるのが、ナビだけを信じられない我々にとってありがたいわ〜!

三ツ峠登山口へ向かう2

ほうほう…ココらへんはスカイツリーと高さが同じ…。
岩殿山も標高はスカイツリーと同じ高さ!ってうたってましたが、スカイツリーは何かと比較対象にされがち?

そのまま標識通りに道を車で進んでいくと…

三ツ峠さくら公園が見えてきた

あらまあ!なんて素敵なだらけ!

三ツ峠登山口への案内板

さすが己を…さくら公園と名乗るだけあるわね〜!
そのままナビ通りに走っていくと…公園に出ました。

7時9分さくら公園

三ツ峠さくら公園

ココが駐車場?車全然止まってないけど…。

とりあえず…登山準備を始めたのだが、今回持ってきたテーピングテープ…。
手で切れないタイプでした…がーん。
手で切れないタイプって弾力があって…ホント!切れない!
上の写真の白いビローンと伸びているのが…そのテーピングテープ…。

アタクシ…靴擦れ絶対防止の為に、
必ずテーピングテープを踵にはっています

悩む登山者のイラスト
なので、貼らないと反対に不安になってくるので…何が何でも貼りたく…結局、マイナスドライバーの先でギーコギーコして切ったのですが…。
いつも不要なものを山程積んでいてるウチの車なのに…刃物一つないとは…不覚!
今後は積んでおきましょう。

三ツ峠さくら公園の駐車場

テーピングテープ騒動でワタワタしていると、さくら公園から先へ続いてく舗装路を上っていく車が2台ほど…。
この上にも駐車場があるんですかね?
そう思いつつ、とりあえず目の前に見えているトイレで用を済ませておくことにします。

三ツ峠さくら公園のトイレ

どんなトイレなんだろう?ってドキドキしながら近づくと…
まあ!なんて大きなトイレ!

三ツ峠さくら公園のトイレ2

多機能トイレ、男女別のトイレとトイレもたくさんあるよ。

三ツ峠さくら公園のトイレ3

しかもココのトイレ…水が常時流れっぱなし!

三ツ峠さくら公園のトイレの説明書き

これなら流し忘れもないわ…なんかスゴイ!
このことに私もダンナもプチ感動!

で、ひとしきり感動した後は、先程見かけた車に続いて舗装路を車に乗ったまま、上り進めてみる。
その途中にも桜!桜!桜!

三ツ峠さくら公園の桜

今年のお花見もできなかったから…こうしてを見れる機会があったのも嬉しかった!
で…登っていくと、舗装路の脇に見えたこの標識…。

三ツ峠さくら公園からの登山口は?

ここから登山口?でも…ここら辺に停めている車はないし、先程上っていった車たちは戻ってこない。
もっと車で上部へ行けるのかしら?

所詮「送」の車。
とりあえず行ってみて、ダメだったら戻ればいいさ〜と車は舗装路を上り詰めて行きます。

駐車場

舗装路を上っていくと…あらあら!車が数台駐車している場所が!

三ツ峠さくら公園の更に上にある駐車場

きっとココがハイカーたちの駐車場なのね!
ほら!三ツ峠山についての説明板。

三ツ峠山の説明1

コッチはもっとくだけた感じの説明板。

三ツ峠山の説明2

そして…トイレ!

トイレも設置されている

私が最終準備している間にダンナが撮っていたトイレ内部…。

トイレの中

う〜ん…個人的には先程のさくら公園でいたしたい…かな。

この先に登山口はあるはず

笑顔の登山者
と、地図を見ながら確信し、ちょっとでも歩きたくないって言い張るダンナに「登山口まで見送ってよ〜」と説き伏せて、歩きだします。

登山口を探して進む

とにかく桜が満開で…周りをキョロキョロしながら歩いているうちに

登山口を探して進む2

ちょっと大きめの広場へ出ました。
ココも…感染症の影響がなければ…イベントなどが行われたりする場所なのかしら?

大きな広場に出た

この広場にはバス停もあり「眺望逆さ富士」と書かれてあるが…

バス停がある

現在バスは通ってない。
張り紙に、「タクシーを依頼される方はこのバス停の名前を言ってください」的なことが書いてありました。
ここで

もう、これ以上は歩きたくないわよ…

って顔をしているダンナに別れを告げ、登山口を目指して更に舗装をを上っていく。

登山口を探して進む

上りの舗装路は、まだまだ続き…送迎してもらえる甘えのせいか…もうチョット車で上って来れたんじゃない?って思いながら上っていく。

舗装路が続く

上っていく途中も…後ろから来た車に追い抜かれ…

なんか…損した気分…かも

苦笑いの登山者のイラスト
って、思ってしまうのは甘え?

三ツ峠登山口到着

「眺望逆さ富士」の場所から歩くこと7分…車が駐車している場所まで登ってきた。

車が駐車してある

ココが三ツ峠山登山口だ
おお…ここまで車でで来れるんだ…!
スペース的には3〜4台しか止められないようで、7時半過ぎの時点で満車。
先程私を追い抜いていった車は道に路駐していた。

うちの車…送迎の送なんだから…ココまでこれたのに…

辛い顔をしている登山者のイラスト
なんか微妙に…悔しい…。

気を取り直して登山口付近を見れば

三ツ峠山への登山口を見つけた

登山口に書いてある注意書きがカワイイ。

三ツ峠山への登山口へ進む

向かって左手に見える橋を渡ると…

三ツ峠山への橋を渡る

いよいよ登山口だ!

7時57分三ツ峠山登山口から出発

三ツ峠山への登山口と達磨岩

さあ!久々の…バックカントリースキーを省けば、5ヶ月ぶりの登山だ!
ゆっくり、無理せずマイペースで登るよ!

次回

日帰り単独縦走三ツ峠山(3)三ツ峠山
登山を開始して2時間ほどで山頂付近の見どころエリアに突入。表三ツ峠コースの登山道は道標が多く、コースもはっきりしている上に登山道沿いには石碑などが置かれていることで登山道に変化があって面白く…久々の登山には三ツ峠山は最適な山だと思う。 ...

に続きます。

タイトルとURLをコピーしました