写真メモ:八方栂池BCの写真

八方栂池BCの写真メモタイトル画面

今回はタダの写真メモです。レポになるほど記録もしていないので…。今年のスキーシーズン…自粛宣言と自粛宣言の合間の、たった1度だけ行ってきた雪山の写真たちです。


 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


八方

私の雪山はスキーで登ります。

八方山荘からスタート

この日は雪も安定した、ピーカンの日。
それもあってか…バックカントリーと雪山登山者が半々ぐらいの登り率。

八方山荘からスタート2

夏も冬も何度も歩いたこの道には、3つのケルンがあります。

第一ケルン

ほんと…一年ぶりの…この景色…。
なんとか今年も見れて良かった。

八方からの眺め

ちょっとワルな二個目のケルン。

第二ケルン

今年は雪解けが早いようで…八方池の周りも雪が溶けている〜!
なので、場所によってはスキー板を脱いで担いで歩く…。

八方池にも雪が少ない

第三ケルンを通過したら…。

第三ケルン

この日に滑った斜面。

滑走場所を見る

鹿島槍ヶ岳もよーく見えて…。
ああ、また…八峰キレットを歩きたくなる〜!

鹿島槍ヶ岳を見る

空はとにかくよく晴れてて、なんだか素敵な写真が撮れちゃった。フフ。

素敵だった木

2020年は途中撤退した白馬三山、そして村営天狗山荘方面。
2021年はリベンジできるかしら?

白馬三山を見る

こんな風景を見ながら食べる…

この日の昼食

いつものコンビニ飯。

栂池

八方の翌日は栂池へ。
栂池スキー場に雪はない…。
いつもだったら、まだまだ春スキーを楽しめる時期なのに〜!

栂池のゴンドラ

栂池ゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで上に上がってきたよ。

栂池ロープウェイの降り場

この日もよ〜く晴れ、気温も高く…雪面がシャバシャバに溶けている…。

滑りやすい雪面

スキー板にアイゼンを付けて、なんとか登る。
登っている途中で後ろを振り返ると…

栂池を見下ろす

あ〜!よく登ってきた。
そして
あ〜!これから先、あそこまで登るのね!

目的地は遠い

そうそう、今回は現地で友人と合流して登ったので2人パーティー。
なので、登りに苦しむ私の写真も撮ってもらえた…。

疲れた

しかし…昨日も今日も…雪山登っている人多いな〜。

白馬乗鞍岳へ向かって登る人々

気がつけば天狗原の祠に到着。
夏山で歩くときより近く感じるのは…直登で登っているせいかしら?

天狗原の祠

私は息を切らすのが嫌なので、かなりスローペースで登る。
体力的に余裕な友人も私に付き合って、スローペースで登ってくれるのがありがたい。

ひたすら登る

気を抜けば滑って転んでしまいそうな斜面が続くので、足元に集中しながら登る。

登ってきた道のりを振り返る

なのに…途中で板が滑って後方へ転んだ
ちょっと急な斜面でスキー板ごと滑って転ぶと…なかなか立てないのよね……。

登っている途中で転ぶ

立ち上がろうとしても、板が急斜な雪面で滑り…立てない。
無理して立ち上がろうとすると…雪面を転げ滑って落ちていきそうで…。
用心に用心を重ねて何とか立ち上がるが…体力はその分消費する。

一生懸命登る

こうして…栂池自然園から登ること3時間ほどで白馬乗鞍岳近くまで来れた。

雪が白馬乗鞍岳のケルンから結構離れた場所で無くなってしまったので、ケルンまで行くのは断念。
だって〜岩場をスキーブーツで歩くのが嫌だったんですもん。

目的地に着いた

2020年夏に雨風に吹かれて歩いた小蓮華山も見えるよね?

小蓮華山を見る

そして、今回も…。

今日のたまご

コンビニ飯。
食べながら周りを見ていると、友人から
あそこに見える平たい山は何ですか?
って聞かれたけど…

知らん。

苗場山を見る

多分…苗場山じゃない?
って適当なコト言ったけど…苗場山ですかね?

こうして、3時間近くかけて登ってきた斜面を下りはスキーで下るよ!

あっという間に滑って下山

ものの…20分程で…栂池自然園まで戻ったよ…。
3時間を…20分ほどで…。

これで、今シーズンのBCはお終い。
GWまでにもう一度ぐらいは滑りたかったけど…。ご時世的に無理かな。
寂しいけれど、来年は…たくさん滑りたいな〜。

以上で、ただの写真メモは終わります。
ネタも情報もない、ただの写真メモに付き合って下さり、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました