鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(15)岩苔乗越

鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(15)岩苔乗越タイトル画面

今回は高天原から岩苔乗越まで…ず〜〜〜〜っと上ります!既に5時間近く山中を歩き回っていた身体には600mの登り返しは心底辛かった。

前回の記事は…

鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(14)高天原温泉
今回で念願の北アルプス・高天ヶ原温泉を訪れます。北アルプス南部の地図を見ていると、有名な雲ノ平や水晶岳の間にぽつんとある高天原山荘。地図上で見るには近いには入るけれども、行くのは大変そうなエリアなので自分には無理だと思っていた、この地に...

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


高天原山荘から水晶池分岐まで

高天原山荘から水晶池までのイラストマップ

高天原温泉をこの目で見てきたので、これから今日のキャンプ地である三俣山荘へ向かって戻ることにします。
高天原の標高は…約2,100m
次の目的地である岩苔乗越の標高は…2,731m
ああ、631mも登るのか〜!
頑張れ私!

9時50分高天原山荘を出発

高天原山荘からスタート

高天原のゆるやかな道をの〜んびり歩いて分岐点まで戻る。
もう一度来れるかどうかわからない、高天原から離れるのが名残惜しく…ダラダラと歩きました。

北アルプス高天原を歩く登山者のイラスト

開けた高天原から先程歩いてきた樹林帯に戻ると、見えてきました!岩苔乗越への道標!

高天原岩苔乗越方面の道標

ここから、岩苔乗越までは…ひたすら登りになります。

頑張って行こう!

笑顔の登山者のイラスト

ココを登れば…今日の登山の一番苦しいとこは終わりのハズだから!

高天原岩苔乗越方面の道標2

…元気モリモリ!頑張って行きたいけど…目の前に広がる道は…

高天原から岩苔乗越を目指して歩く1

木々が生い茂る樹林帯で…右や左の茂みに生物が潜んでいそうで…チョット怖い。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く2

怖がりの私は…こういう道をサッサと通過したいのだが、登りゆえ…スピードは全くでません。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く3

すれ違う人、追い抜い人が居ませんので…どんなに遅く歩いても誰にも迷惑をかけることはない。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く4

混んでる山は苦手なんですが…誰も居ない山の方が…嫌だ。
そうね、20分に1回ぐらいは誰かとすれ違えると…精神的には楽だわ。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く5

一人で黙々と歩いていると…ザックに付いた熊鈴がチリーンチリーンと鳴る程度の音しか…森に響かない。
熊との鉢合わせは、お互いがソコに居ることを気が付かなかった為の不幸な出会いが多いと聞く…。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く6

だから…思いついた時にはストックをカンカン鳴らしたり、たまには声を出してみたりもしていました。

高天原から岩苔乗越を目指して歩く7

道は迷うことなく進めますが…

登山道のペンキマークに安心する登山者のイラスト

私の心強いパートナーのペンキマークを見ると…心強い!
こうしてまっしぐらに登っていくと…

光が見えてきた

光あふれる場所に出た。
何やら道標があるわね…。

10時50分水晶池分岐点に到着

水晶池への分岐点に到着

道標の足もとに…水晶池まで10分と書いてありますね。

水晶池…そうか!

指差す登山者のイラスト
進行方向上部を見上げると…

水晶池分岐から水晶岳を見上げる

稜線沿いにあるのは水晶岳?
その水晶岳の足もとにあるから水晶池なのね!
水晶池…キレイな名前ね…。
どんな池なのかしら?気にはなるけど……う〜ん…。

水晶池分岐から岩苔乗越まで

現在地から水晶池までは片道10分、と言うことは…往復で約30分間かかるってことねぇ…。

水晶って聞くと…キラキラした美しい池…?

むくれている登山者のイラスト

気にはなるけれど…疲れているし…先は急ぐし…えっと…まぁ見ないでもいいかな。

水晶池を見に行くのは諦める登山者のイラスト

で、今回記事を書いていると…やっぱり気になる…!ネットで調べてみよう!
こちらが水晶池ですって!

photoACのサイトには他にも水晶池の写真があって、その中には池に水晶岳が写り込んでいる物もありました。
なるほど…正に水晶池だわ。

さて!先に進もう!
水晶池分岐辺りは足もとがぬかるんでいました。

岩苔乗越を目指してひたすら登る1

ソコには沢山の人の足跡がい〜っぱい!
その足もとに心が励まされ…進む!

鬱蒼とした登山道に怯える登山者のイラスト

進み始めれば…またも、またも…登り道。

岩苔乗越を目指してひたすら登る2

木々の間からの木漏れ日も増えて来たけど…右も左も上もまだまだ木々に覆われ…茂みに対する不安感は拭えない。

岩苔乗越を目指してひたすら登る3

また、ここら辺りで…茂みでにガサガサって音が聞こえたのがちょっと怖かった。
獣臭もしなかったから…石が転がった音かしら?
山の中で聞く、正体がはっきりしない音はチョット怖いよね。

岩苔乗越を目指してひたすら登る4

すると進行方向のからも変な音がしてきた、なんか人工的な音…?
モチロン…私もストックカンカン!と人工的な音を鳴らすよ。
するとね…

岩苔乗越を目指してひたすら登る5

やっと、一人の男性とすれ違えた〜!
あちらも単独だったので…私と同じく、この人が少ない道にドキドキしていたのかしら?

岩苔乗越を目指してひたすら登る6

しかし…高天原から岩苔乗越までは…

斜度が緩やかだけど、上りで歩く距離が長いわ〜!


雲ノ平から高天原へは急な斜度の下りだった分、距離が長い感が少なかったのよね。

岩苔乗越を目指してひたすら登る7

歩けども、登れども…スマホGPS地図で見る現在地から岩苔乗越までの距離が縮まらない…。
スマホGPS地図って現在地がハッキリ分かるのが助かるけれど…疲れ切って歩みが遅い時は…残酷に現実を教えてくれますね…フフ。

森林限界に出た?

ふと、樹林帯が抜けた場所に出た。
そこから見上げる空が雲ひとつ無い美しい青〜!
その青を見ながらカロリー補給。

こまめに食べないと体力持たない…


早く…稜線上に戻りたいな…。

岩苔乗越へのルートから空を見上げる登山者のイラスト

さて…休み過ぎずに進もう。
ちょっと樹林帯に戻った

再び樹林帯に入る

のちに、やっと森林限界に来た〜!

森林限界に出た

そして、ココらへんで数組の方々とすれ違う。
ココを今の時間歩くってコトは…高天原山荘泊かな?いいな〜!

人とすれ違う

樹林帯を抜けたコトで元気が湧いてくる。

岩苔乗越を目指してまだまだ登る

そういえば…高天原山荘の方に、この岩苔乗越ルートの情報を聞いた時…
一箇所、渡渉ポイントがあります。
って言われたわね。

沢に出た

その渡渉ポイントって、森林限界を越えた辺りの…ココかしら?

岩苔乗越の渡渉ポイントを通過する

木と登りだらけだった道中にポッと出てきた水ゾーンでリフレッシュ!
さあ!頑張れ〜!あともうチョットだ!

岩苔乗越までもうチョット1

…もうチョットなんだけどなぁ…。
全然近づかないよ…。

岩苔乗越までもうチョット2

目指す岩苔乗越は下の写真の赤いチョンチョン辺りが…。
そこを歩いている人の姿も見えているのに、全然近づかないよ〜!

岩苔乗越までもうチョット3

………この後の写真…岩苔乗越までありません!
う〜ん…心底辛かったのでしょう…。
写真をとる余裕がなかったのがその証拠です。

13時26分岩苔乗越に到着

岩苔乗越について喜ぶ登山者のイラスト

やっと…やっと…高天原から3時間40分かけて…岩苔乗越に着いたよ!
登山地図によると、3時間かからずに着くはずの距離を…3時間40分もかかったわ…!

フフ。遅いわねぇ…私

苦笑いの登山者のイラスト
ホント、今回の山行で私の歩みが遅くなった事を実感しました。

もう、開き直って…岩苔乗越で座って休憩!

岩苔乗越からの眺め

高天原から見上げていた山々が、今は水平に見回すコトができる!
はぁ〜!北アルプスの奥地凹みゾーンから戻ってきたぜ!

次回「鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(16)」に続きます。
https://kakutama.com/uraginza16

次で三俣山荘に到着予定だよ。
岩苔乗越から三俣山荘までも…まだまだ歩くんだけどね…。

タイトルとURLをコピーしました