ニセコスキー場から(1)

朝一番の千歳空港行きの飛行機に乗りました。

空港はまだ夜明け前。
1月の朝6時は陽が出る前で、まだ暗い…。

朝6時半に羽田空港を飛び立ちました。

私は1年に1度くらいしか飛行機に乗らないので、窓からの眺めはワクワクする。

雲を山を見下ろす機会ってなかなかないので、ズーッと見ていられる。

こうして、空を見たり…うたた寝をしていると…北海道の千歳空港に到着!

昨日雪が降ったようで、白い風景が心を弾ませる。

今回はレンタカー。
レンタカーだと、スキー以外にも遊べる選択肢が増えるのでいいですね。

千歳市街を走って…

国道276号線に入ったら、ニセコに向かって一直線に走る。

1月なら…支笏湖周りは雪の壁で覆われていて支笏湖が見えなくなっているのに、今年は雪が少なくて丸見え。
風景は綺麗なんだけど、ちょっと寂しい。

国道276号線上にあるお店?「きのこ王国」
イートイン、お土産物屋、大容量トイレがあるので一般のみならず、ツアーバスも立ち寄るスポット。

この「きのこ王国」以降、気温が下がったように感じられ、雪も降ってきた。

ヤーン!こんな道絶対に運転できない〜!
千歳空港からニセコまでダンナのオール運転です。

こうして千歳空港から走ること3時間で…

ニセコヒラフエリアに到着しました。

わー!雪がある!雪が降っている〜!
早く早く滑りに行きたい!

今シーズンは白馬、白馬、そして今回のニセコで3回目のスキー。
暖冬の影響で、白馬でのスキーでは「寒い」と思うことがなかったので…ちゃんと寒いニセコに安心。

てか…相当寒いぜ!
上下の写真はニセコヒラフエリアでリフトで行ける一番高い場所で撮ったんですが…この写真を撮るのも手が寒さでかじかんで辛かった〜!

ニセコ花園エリアには外国人をターゲットとしたレストハウスが新たにできていました。

さらに外資系が建てた、高級すぎるホテル…。
一泊二日2人で、一番お安いので10万円なんて…我が家が泊まる&泊まれるわけない高級さ。

こうしてニセコヒラフエリアで3時間ほど滑っていたのですが、16時になるとリフトはどんどん営業終了…。日も陰ってきて…私たちもすっかり身体が冷え切ったので…大人の判断で16時ちょい過ぎで撤退しました。

夜のゲレンデは幻想的で素敵なので、滑りたいのですが…寒さと疲労には、もう勝てない。

こうしてニセコ1日目が終わりました!

ニセコで一番賑わうコンビニエンスストアのセイコーマートは、外国人で大賑わい。
店員さん以外全員外国人?ってことも…。
日本人…肩身が狭いよ。

一年ぶりに訪れたニセコの夜は相変わらず、いや、昨年よりもずっとキラキラしていて綺麗でした。
ただ…日本の冬って感じが全然しないので…外国人観光客的には…それでイイのかな?
数年前に訪れた時の湯沢や石打丸山は日本の伝統をうまく取り入れたライトアップが素敵だったな〜。

ついでに…落書きもアップします。

ニセコの思い出イラスト

1)朝は3時半起床ですよ!
ダンナのイビキであまり眠れないままニセコに向かいました。

2)空港で持ち物チェックされますよね。
今回
▶︎チャックのある服は脱ぐ。
▶︎くるぶしまで覆っている靴は脱ぐ。
という新たなルールが加わっていてびっくり。

3)私は空が、雲が好きなので飛行機に乗るとずっと外を見ちゃう。

4)マスクをすると…眼鏡が曇る…。

5)北海道の雪の少なさにも驚きました。

6)キノコ王国について…寒いと感じるように…。千歳市街では寒さはあまり感じなかったもので。

7)ニセコは訪れる度に海外風の建物が建っていて…そこは外国人が利用していて…。日本人ですが、ニセコに来るとちょっとアウェイ感を感じます。

8)というわけで、家を朝4時半に出て、午後13時に北海道・ニセコヒラフスキー場に到着。

9)最初は寒いニセコに「やっぱ冬はこれくらいと寒くないとね!」って喜んでいたんですが…。そのうち足の指先がジンジンくるほどの寒さに閉口。

10)そんなワケで…現在眠気と戦いながら本日のニセコレポを描いています。
いつものように描ける環境ではないので、手書きだし、雑で申し訳ありません。

今もドカブリではないですが、降ってます〜!

明日はニセコ全山にするか、モイワスキー場で裏を滑るか…ワクワクしつつ…もう寝ます。

  にほんブログ村 アウトドアブログへ
SNSにある「イイね」みたいなもので、押してもらえると見てもらえているんだな〜って実感ができて嬉しいです。