常念山脈縦走(1)上高地エリア編

常念山脈縦走上高地エリア編タイトル画面

今回の登山レポは…北アルプスの前山としてそびえる常念山脈よ〜!この縦走は8年前に歩いたけれど…常念岳を登って下るのが大変だった記憶が…。でも8年も経つとその時の登山の記憶は薄れちゃってて…今回もう一度歩いて、その道程を振り返りたいと思います。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


バスに乗って上高地へ!

今回の登山も単独・公共機関利用・テント泊の私は…新宿バスタから上高地行きのバスに乗った。
バスに乗っときゃ、目的地に連れて行ってくれるバスは気持ちは楽なのですが…

約1年ぶりぐらいの深夜バス…腰が…腰が辛い。

辛い顔をしている登山者のイラスト

そして、バスの振動や音、他人の気配で…眠れているのか?眠れていないのか?よくわからないままの睡眠は辛い…。
周りは若い子や屈強な男性が多いように思える。
私も…もうそろそろ…4列シートから、チョットお高い(2000円程)3列シートの夜行バスにするお年頃なのかもしれない。

深夜バスでの上高地入りはやっぱり辛いと思う中年登山者のイラストと写真

で、バスに揺られ、目が覚めたり覚めなかったりぼやぼやしていたら…
バスの運転手さんから、もうすぐ上高地エリアに着くから電気を点けるとの放送。
そっかーじゃあ身の回りを整えましょうと、メガネをかけた時に…

「現在上高地はけっこうな雨が降っております」

の放送。

………マジ?

脚がつったイラスト
私は窓際に座っていたので、カーテンの間から外を見れば

雨。

あ、雨だよ〜!
本来ならテンションダダ上がりポイントでテンションダダ下がり…。

上高地バスターミナルは屋根があるから、バスから降りても雨の中ザック抱えて佇むコトがないのが救い。
と、とりあえずそこで今日の予定をどうしようか考えよう…!

バスターミナルについて…空を見ると雲が9割、その隙間からチョット空。
これは…止むよね?
でも、風はあるし…
でもでも、今回の私の行動予定は危険箇所はないから多少風が吹いてても大丈夫

でもテント場も爆風だったら?

驚く登山者のイラスト

と悶々。
悶々していると、周りの人々も悶々。
上高地バスターミナルは悶々ターミナルになってた。
(近くに居たお兄さん2人組はコーヒーを淹れだしてるし)

でも、一人、二人出発と…レインを着込んで出ていくようになった…。
そうね…私も…行こうかしら?

上高地バスターミナルに到着

観念して、バスターミナルにある水道で水を汲む。
この時さ〜まったく気がついてなかったんだけど…スキー&登山仲間も上高地バスターミナルに居たのよ…!

テント泊装備でジャンダルム行ってきた

帰宅後に友人のヤマップを見て気がつく…残念!
同じ場所で同じ空気吸ってたよ!あ〜!悔しい!

上高地バスターミナルで水を汲む

準備も遅けりゃ、やる気スイッチが入るのも遅いので、深夜バスグループでは最後の一人ぐらいで出発。
だって、バスを降りたのが5時20分、出発したのが6時20分よ〜。

雨の中上高地バスターミナルから出発

今回歩くルートは以下の通り。
上高地バスターミナルから徳沢園まで歩き。
そこから蝶ヶ岳へ向かって登り、常念岳、大天井岳を経て中房温泉へ下山の2泊3日のテント泊になります〜!

上高地バスターミナルから徳沢園までのイラストマップ

第一回めの今回レポは上高地エリアだけなので、登山というか…まあ歩きレポ?
だから、歩いた道と同じく…盛り上がるトコがない山レポよ。

まずは河童橋へ

河童橋付近も雨だ。
上高地バスターミナルを出たときより降りが強くなっているように思えて、心が凹む。
とりあえず定番行動の河童橋を渡っておこう。

河童橋へ到着

って、河童橋に立ってみたら?
あら?

河童橋から見る虹

レインボー!

虹を見たら、すっかり心も前向きに。
きっとこの先雨が止んで、晴天下での登山が楽しめるに違いない!
そして今回の登山もきっといい思い出がたくさんできる登山になるハズよ。

河童橋から徳沢園まで

ここから先は特出することはなにもない!
なぜならこのブログで散々…書いているから、もう書くことがない。

河童橋から明神池方向へ歩く

上高地エリアから目的地の徳沢まで…はっきりと

6.5キロ

って示されている。
長いな〜。

小梨平キャンプ場

水たまりを避けつつあるく。
あ、イラストはいつもどおりのウェアで描いていますが、レインとザックカバーをつけて歩いてました。
小梨平キャンプ場には以下の注意書き。

小梨平キャンプ場からの注意書き

2022年も熊の出没多いってさ。

林道を歩く1

そして私は進む。
進むがドンドン抜かれる。
最近さ…なんか疲れるのが本当に嫌になって、のんびり歩くのよね〜。

林道を歩く2

自分の歩くペースに対してあまくなればなるほどユックリになっていくのは…一人ゆえの弊害かしら?

今の自分のペースより高みを目指さないんだもの


トレーニングのジョギングもユックリになってるし…ジムのトレッドミルなどで強制的に現状のスピード保持とかしないとまずいかな?

雲で穂高連峰が見えない

って。思いつつもダラダラ。
すると見えてきたのは

林道を歩く3

明神館。
ここから見上げる穂高岳が好きだけど、曇ってて見えやしない。

明神館に着いた

雨はだいぶ小降りになった。
とりあえず徳沢エリアまで行って、それから今日の予定を撤退停滞進むか考えよう。
テント泊道具は持っているから…私には選択肢がいくらでもあるのだ!
(徳沢園も横尾山荘もwebサイトで確認した所、テント場は予約が必要ないと書いてありました。)

明神館に着いた2

明神館を通過しようとしたら…またも「熊」に関する注意書き。

明神館にも熊出没注意看板

今どきの熊さんは人の多い場所の方が好み?
困っちゃうね。

林道を進む5

そして道沿いにある熊鈴鳴らそうぜコーナー
昨年もあったけど…これから先はこの林道でも熊鈴がデフォルトになるのかしら?

熊鈴が設置されている

数年前は「ココの道では熊鈴鳴らさなくてOK!」って判断していた道が…どんどん変わっていくのねぇ。
穂高連峰は相変わらず見えない。

相変わらず穂高連峰は見えない

こうして道なりに進むと…。
おお、もう徳沢エリアだ。

徳沢エリアに着いた

一年に一度は来ているこのルートだが、徳沢園にも横尾山荘にもテント泊で泊まったことないのよね〜。

徳沢までもうチョット

あと…あと10年ほどしたら…ここらでノンビリテント泊もいいんだろう。

いや、あと10年したらアタシャ初老だよ?小屋に泊まろうよ

変な顔をしている登山者のイラスト

徳沢園にある公衆トイレ。
このトイレがこの山行での最後の水洗トイレになります。
気合い入れて行っとこー!

徳沢にある公衆トイレ

こうして徳沢園に着いた頃には雨もスッカリ上がり、青空率も高くなってきたので
当初の予定通り徳沢から蝶ヶ岳へ登ることにした。

登る前に贅沢なおにぎりを食べちゃった。

登山の前におにぎり

これで3日後の下山まで生っぽいものとはさようなら。
これから2.5日はドライフードが主流だよ。

時間は8時半。
地図によると、徳沢園から蝶ヶ岳ヒュッテまでは4時間40分のコースタイム
今からなら13時10分頃に到着予定。余裕ヨユー!

徳沢園と道標

では、蝶ヶ岳へ向かって登ります!

次回「常念山脈縦走(2)」に続きます。

常念山脈縦走(2)長塀山(ながかべやま)編
上高地バスターミナルから出発して2時間…いよいよ登山が始まります。上高地から徳沢までは平らな林道のおかげでサクサク来れたけど…上り・山道となると…ペースは違ってくる。 前回の記事は 左が登山・キャンプ...
タイトルとURLをコピーしました