レンズ雲

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語レンズ雲を見ているイラスト

類 似 語ないみたい


凸レンズのような形をした雲。
上空の風が強いときに発生することが多い。

英語で書くと、Lenticularis。これについて「Wikipedia-レンズ雲」によると

学術名”Lenticularis”は、ラテン語で「小さなヒラマメ」を意味する。”lentil”(ヒラマメ)は”lens”(レンズ)の語源となった言葉であり、”lenticular”は英語で「レンズ状の」を意味する。

と、書いてあるのことをイラストも描いてから知りました…イラスト的には間違いですね…。

風が強く水蒸気が多く含まれているため、風が強く吹く前兆や天候が悪化する前兆とされていますが…必ずではない…。
レンズ雲
上空の風が非常に強いときに、山を越えた風が波打つことで発生する雲だそうで、
レンズ雲ができる仕組み
風が波打つ波頭の所でできるため、見た目にはその場に留まっているように見えますが、
実際には同じ場所で発生と消滅を繰り返しています。

私が富士山で見た、この雲もレンズ雲なんですって。
レンズ雲と富士山
う〜ん…形的にはとてもレンズには見えなんですけれど…。
写真では伝わらないけれど、見上げた空いっぱいに広がるこの雲を見上げた時…なんだか飲み込まれそうで、ちょっと恐怖を感じました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする