北アルプス縦走(16)双六小屋

双六小屋タイトル

眠気と戦いながらも、どうにかたどり着いた双六小屋。今回で3回目のテント泊利用だったかな?双六小屋はテント泊利用者にとっても色々便利な山小屋なので快適なテント泊ができます。

  にほんブログ村 アウトドアブログへ

双六小屋でまったりと

今回の3泊4日の縦走登山の最終日は双六小屋でのテント泊になります。
全体行程地図を下にアップしましたが…いや〜歩いたな〜私!

双六小屋マップ

次の日は日曜日なので本来目的にしていた笠ヶ岳へ行きたかったら、次の日に延長して登山を続けるコトはできたんですが…

いいかげん、風呂に入りたい…

辛そうな登山者のイラスト

ワンデーコンタクトレンズの換えがない…

落ち込む登山者のイラスト

という裏事情があったので、当初の予定通りに今日が最後の山泊の夜となりました。
テントを張る前に双六小屋受付でテント泊の申し込み。

双六小屋前

1000円払って、受付終了。
双六小屋って…テント泊の受付時に個人情報を書かないのね…。(2019年訪問時)
他の山小屋だと、どこから来てどこへ行くかを聞かれるのが当たり前だったのでチョット拍子抜け。
まあ…テント泊登山者も多く訪れる山小屋だから…かしら?

フラフラしながら、双六小屋の裏手にあるテント場エリアへ移動。
そうそう、双六小屋はこーんな感じで構成されています。

双六小屋のイラストマップ

私がココまで歩いてきたのは双六岳方面からになります。
明日は弓折乗越方面へ下山して行くことになります。

時間はまだ12前とあって、テント場はガラガラ。

双六小屋のテント場2

今だったら、どこにでも設営できそうだけど…初めて双六小屋のテント場に泊まった時はテン場の真ん中にどーんとお一人様用テントのエアライズ1を建てちゃって、気がつけば周りをウェーイグループに囲まれ、あまり眠れなかった経験があるので…今回は慎ましく端っこエリアへ設置。

双六小屋のテント場

そして、私は…朦朧としながらテントを設置すると、倒れ込むようにテントの中で寝た!

横になっている登山者のイラスト4
瞬殺で寝た…。
太陽が燦々とあたるテント内は暑いが寝た…。
風も全く入らないサウナ状態で汗だくになったが寝た…。
私は基本暑がりなんでが…暑さニモマケズ、3時間は寝た。

喉が乾いた…。

四つん這いの登山者のイラスト

身体の欲求によって目が覚めましたが、チョット睡眠を取ったら、身体はかなり楽になった!

やはり、私には睡眠がタ・イ・セ・ツ・!!

寝転がる登山者のイラスト
身体が楽になったら…今度は腹が減ったぞ!
そうそう、今回の縦走登山の食事は小屋でとれるなら小屋でとろうと思っていたので、お財布持って双六小屋へ向かう。
さっきまで眠気で周りを堪能する余裕もなかったが、今見回してみればあら〜!相変わらず素敵な青。

双六小屋からの眺め

双六小屋の壁にはイラストマップが貼ってあって、ああ…私の歩いてきた道のりも描かれている〜!

双六小屋のイラストマップ

その壁沿いには双六軽食のメニューがあります。
う〜ん、どれにしましょ?

双六小屋の外食

昨日の水晶小屋では、カレーを食べたから…麺もの…かな?
食べたいものが決まったら、テントの申込みをした受付にいって注文し、出来上がりを待つ。

双六小屋でビール

待つ間にビール。
そして、できあがった山菜うどん〜!

双六小屋のうどん

七味こぼれてる…ごめんなさい。
そう!私…かなりの辛党です。
ホントはもっとかけたかったけど、山だからこれくらいで我慢。
で、うどんを食べていたら…虫ちゃんがいつの間にか山菜うどんにダイブ!しているわよ〜!

…でも大丈夫!

喜ぶ登山者のイラスト

虫をつまみ出して、食事続行!
なぜか〜…山だと、食べ物に虫が入り込んでても

ヘッチャラさー。

ワクワクする登山者
外界では受け入れられないコトが、山では余裕で受け入れられる。
ご飯を食べ終わったら、双六小屋手前の石畳に腰を掛けて二本目のアルコールをいただきます。

双六小屋で本搾り

もしも今日、笠ヶ岳まで行こうとしていたら…今頃は目の下にクマを作ってヒィヒィ言って歩いていたんだろうなぁ。
時にはもう無理!判断をサッサと下して、こうしてのんびりするのもいいもんだ。
まあ、それがなかなかできないんですけれどね…

いつもの私なら…もうチョット行けるはず!

疲れた登山者のイラスト
って自分をついつい過信しちゃうの。

双六小屋テント場で一息

その後はテントに戻ってゴロゴロ。
水晶小屋や今日の思い出をノートに描いたりしつつ、うたた寝したり…。
かなりまったりとした時間を過ごしました。

双六小屋テント場

その後再び外に出たら、あら、まあ!ガス!

混み合ってきた双六小屋テント場

そして、テントもかなりになってきた〜!

双六小屋テント場

幸いにも私の周りはソーシャルディスタンスが保たれていました。良かった。
やはり、ちっちゃいテントはテント場の素直に端っこいた方が、いいのかしら?

さあ、寝る前に歯磨き・トイレを済まそうと思いテントから出て、双六小屋へ戻ったら…

ガスってきた

完全にガスの世界。
昼はあんなに晴れていたのに…あらら〜。

ガスに覆われる双六小屋

下の写真の緑の御方が「イザ入ろう!」としているのが、双六小屋のトイレ。

双六小屋のトイレ

小屋の中の照明はなかったかな?
よく覚えてないけれど、薄暗かったのは確かなのでヘッドライト必須ですよ〜。

ガスに覆われた双六小屋のテント場

テントの数もどんどん増えていってる!

スッカリガスに覆われた

時間はまだ17時台ですが、こんなにガスに覆われていると…

夕日の期待もしなくて良いので、潔く眠れるわね!

凹む登山者のイラスト

まだまだ混み合う双六小屋のテント場

それでは皆様
おやすみなさ〜い!

双六小屋から出発の朝

夜中に3度ほど目を覚ましたが、延々と眠れた。
時間は3時…そろそろ起きましょうか…まずは外の様子を伺いますか…

わお!

双六小屋からの星空

星いっぱい!
私のカメラではその星々は全然撮られていませんが、たくさんの星が空にあったんだよ。
ただ…

私…乱視なのでイマイチはっきりと見えない

叫ぶ登山者のイラスト

トイレへ行って戻ってくれば…テントの灯りも灯っていてキレイね〜。

夜中のテント場

テント泊ではいつもさっさと寝てしまう私ですが、その分早起きして夜空やテントの灯りを堪能しています。
そして…最終日の朝食を食べ、残ったのは…

残りの非常食

ごろっとグラノーラと清見オレンジのみ。
クリームパンの袋はゴミが詰められています。
ああ、食べ物も残った状態で下山できるので良かった!
下山するまでは、必ず食べ物を持ってないと不安なのよ。

双六小屋からの朝

さあ!夜が明けてきたぞ。
テントを撤収して下山だ!下山!

パッキング終了

この35Lのテントに、まるでパズルのようにテントや防寒具、調理器具を詰め込んでいくのもこれで最後〜!
今、思い返しても…よくもまあ、4日間の縦走道具を突っ込めたもんだ。

明るくなってきた双六小屋

今日は双六小屋から弓折乗越を通過して小池新道で下るだけだから、時間にも余裕があるので、忘れ物やもう一度トイレ!がないか振り返る。

明るくなってきた双六小屋テント場

それでもテント場はまだまだいっぱい。
明日は日曜日だから、今日はどこまで行くんだろう?

双六小屋テント場から撤収

なんてのんびりしていたら、周りのテントさん達が旅立っていったので、私も下山スタート

5時20分双六小屋から下山開始。

双六小屋テント場から下山開始

ここから先の小池新道を経由しての新穂高温泉への下山も今回で3度目。
なんとなく道も覚えているので気も楽。
次回「北アルプス縦走(終)小池新道〜新穂高」へ続きます。

ようやく、次回で今回の縦走レポも終わります。
長くなったな〜。

タイトルとURLをコピーしました