栂海新道をテント泊で縦走(4)栂海新道から栂海山荘まで

タイトル栂海新道4

いよいよ栂海新道に入ります。アップダウンを延々と繰り返す縦走路…キツイとは聞いていて覚悟はしていたけれど…真夏のその道程は想像を遥かに超えたキツさでした。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01栂海新道入り口からアヤメ平辺りまで

地図栂海新道入り口からアヤメ平

06時01分栂海新道を歩き始める

いよいよ栂海新道に入りましたよ!
どんな道なのかしら?とワクワクしながら歩いて行った先に広がる道は…?
栂海新道入り口から栂海新道を歩く
池塘があちこちに出てきての湿原地帯!ぐあ〜っと展望が広がります。
標識がある
出だしからナニコレ?このスゴイ景色!
ちょっと贅沢すぎでしょう?
栂海新道に入ると湿原が広がる
前を向いて歩いても、立ち止まって振り返っても、どこを見てもキレイ!
栂海新道から朝日岳を振り返る2
栂海新道に入ってからすぐにこんなご馳走ですか!いや〜!やる気でるな〜!
ココらへんは歩いていて本当に楽しい
栂海新道を歩く
この風景をまた見に行きたいけれど…もう行けないと思う…栂海新道…。
ああ、もっともっとユックリと愛でれば良かった。
栂海新道から朝日岳を振り返る
しかも全然人がいないのでこの風景を独り占めできるのが贅沢ですね!
なだらかな湿地帯の栂海新道
こんな風にのんびり歩いていたら…あっという間に着いちゃった。

06時32分長栂山に到着

長栂山
さっきまで湿原地帯が広がっていたのに、ココは石がコロコロしているんですね。
この長栂山で2人パーティーの女性がいました。
この後会うことがなかったので反対方向だったのかしら?
いづれにしても女性が居るとチョット安心しちゃう女ひとり登山
あれれ?私…確かパーティーで行ったんだよね…?んー(-_-;)
長栂山から見る風景
もう、ここらから見える景色が良いんですよ!
気持ちの良い栂海新道
その後も気分良く歩いていきます。
まだ6時台なので気温もさほど上がったなかったのも助かりました。
なだらかな道が続く栂海新道
こういう看板もサワガニ会の方が建てられているのでしょうか…感謝の一言しかないですよね〜。
アヤメ平の看板
それにしても良い道だと思いません?
青と緑のコラボレーションが足取りを軽くさせてくれます。
湿原地帯が広がる
途中で1名の男性と遭遇。
のんびりと歩かれていました。
湿原地帯を木道で下る
は〜と空を見上げる…。
青い空
こんな空が広がっていれば、疲労も吹っ飛ぶ…ワケもなく…相当疲れています…私。
青い空と栂海新道
真夏の栂海新道はかなり暑く、水の消費もかなり激しい…けっこう飲んだと思うから残りの量を確認した方がいいよね…と思いつつも…でもこの木道のどこかで、この重いザックを降ろして水を出すのもな〜…と悩みながら歩いていると。

とうとう追いつかれたよ!ゴクウベジーダに!
歩いてくる2人
2人仲良くテクテク歩いています。
余裕のゴクウは水は全く減っていないとのことで、これ幸いに水を分けてもらう。

ああ、仲間が居るってやっぱり安心できる〜!

泣いているイラスト
どうやら私より1時間遅れで出発したそうだ。

02湿原をひたすら歩く

地図アヤメ平から黒岩山
ドウゾドウゾと先に道を譲ると…そのまま先へ行ってしまいました。

ひょー。

苦笑いをするイラスト
ま、ね。
遅いので一人で歩きますと言ったのも自分。
今、道をお先にドウゾと言ったのも自分。
はいはい、登山は自己責任ですよね。
でも、自己責任ってなんだろう?パーティー登山ってなんだろう?と考えながら、颯爽と進んでいく後ろ姿を無言で見送り…。
先に行ってしまう同行者
また歩き始めます。
ちょっとは追いついて見ようかと頑張って見たけれど、やっぱり全然追いつけないよ!
ひたすら広がる湿原地帯
すぐに諦めて、またマイペースで歩きます。
まだまだ続く栂海新道、ひとり歩きなのにオーバーペースでバテたら…ヤバイ。同行者は先に行ってしまったから…誰も助けてはくれないのだ。
ああ、一人で登山経験を積んでおいて本当に良かったと思います。
経験が少なかった頃の私だったら、一人になるのが嫌でオーバーペースで歩き続けて…追いつけなくなって…バテて結果、皆に迷惑をかけてしまっていただろう。
※今回の登山で感じた「パーティーを組んでの登山」への感想は栂海新道レポの最後に書きますね。

さて、道は湿原を歩く木道だけではなく、このような石の上り道も。
岩の上り道
う〜ん、しかし…サワガニ会の方に感謝の気持ちしかでてきません。
サワガニ会の方が栂海新道を開拓してくださったお陰でこのような素晴らしい道を歩くことができるんですよ!
池も見える
この階段も作ってくださったのしら…?
木の階段を下る
そろそろ立ち休憩だけではなく…ちゃんと座って休みたいんですが…追いぬかれたコトもあって、無駄に焦りを感じ…ひたすら歩きます。
広がる栂海新道
「平」って書いてある場所は休憩するのにイイトコですよね…でも…待たせたら悪いし…で進みます。
いずれにせよ栂海山荘までつけば…思う存分休めるんだもん、がんばろう!
黒岩平の看板
この風景だけが頼り!
気持ちの良い風景
この頃になると

疲れた

がっかりしているイラスト
の言葉しか口からでてこない…。
けれどね…栂海新道、本気を出してくるのはこれから先!
栂海新道をひたすら歩く
チョロチョロっと水が流れる沢を渡る。
ちょっとだけ手を濡らして首筋を冷やしておきます。
沢を渡る
こんな気持ちの良い道もそろそろお終い…。
ああ、もっとユックリ歩いて堪能しておけばよかった。
栂海新道をただただ歩く
時間も8時を過ぎ…日差しが痛い…!暑い!
ダラダラと汗が垂れてくる…。
だいぶ疲労が溜まってきた
ふと目に入ったヒスイ峡との分岐点…えっとヒスイ峡へ向かう方は鬱蒼と草が生い茂っているので…とても進む気になれません…。
ヒスイ峡との分岐
階段の登りも辛い…。整備されてなかったらもっと辛いのに。
木の階段を登る
そして、登り切った先に現れたのは…

08時25分黒岩山に到着

黒岩山に到着
わー!到着した!の喜びを感じたい所だが…黒岩山から先に広がるのはこれから越えていく数々の山のピーク!
そう、ここから栂海新道のキッツイ!登り降りが始まるのです…。