単独登山者多し?乾徳山をグルっと周回(1/3)登山口から国師ヶ原

乾徳山タイトル

過去に二回登ったことのある乾徳山!岩場好きな私は大好きな山です。けれども、山の中には宿泊施設がないために日帰りで登るのがスタンダートな山なのにアクセスもチョット面倒くさいので、頻繁には登りに行くにはチョット…そんな乾徳山に今回はダンナが車で送ってくれるということでイソイソと登って来ちゃいました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01過去に2度登った乾徳山

一度目の乾徳山登山は2011年の夏!
友人から誘われた
「乾徳山って山が気軽に登れる割には、面白い山だってよ」
その一言に、ホイホイと

いいよ。

喜ぶ顔のイラスト
とノリで同意。
この頃はバリバリの登山初級者…というか、登山に興味がなく…友人と遊ぶついでに登りに行った。

しかも、その乾徳山登山の前日に、仲良し友だちとがっつり飲み会。

あ〜明日の登山は行きたくないな〜


なーんていいながらも

メロスとの約束は守らなければ!

イラスト辛い顔
と、酒の残る身体を引きずって登山へ行ったんですよ…。
思い返せば…乾徳山を誘ってくれた友人は自分の都合優先派でドタキャン名人だったのでソコまで無理して登山をしなくても良かった気もする。
そして…この時の登山は前を歩く友人の後ろをだら〜っと着いて歩いた上に…何と二日酔いだったので、登山道に関してはほぼ記憶なし。

二度目は友人らと4人でワイワイと行った。
地図はもちろん持って行ったのだが、道中お喋りばかりしていて…こちらも登山道に関してはあまり記憶に無し。

けれどもどちらの乾徳山もすっごい鎖場すっごい景色は記憶だけは残っている。
そんないい思い出の乾徳山を今度はしっかり記憶に刻みながら歩いてみたい!
そんな気持ちをずっと持っていたので、せっかくのGWに遠出がしたい〜!という大義名分にかこつけて登りに行くことに。
みんなとワイワイ歩いたのもいい思い出だが、一人で歩く時は全てが自分一人の判断なので、その分登山行程もバッチリ覚えられる。
そんなワケで乾徳山に登ることにしました。

02駐車場から乾徳山登山口まで

地図駐車場から乾徳山登山口まで
ダンナは私を下ろしたらそのまま一人ドライブへ旅立つため、駐車場に車を止める必要がない。
よって、徳和公園から少し上がった駐車場所まで車で移動することに。
車で移動することによって20分ほど時間を短縮できるため、もともと狭い駐車場はすでに満車状態。
降ろしてもらったら、早速歩き出します。

9時12分登山スタート

上部にある駐車場からスタート
過去のおぼろげな記憶と地図を片手に歩くんですが…
最初は車道

あれ〜?乾徳山登山口まで…すぐじゃなかったけ?

歩くイラスト
う〜ん…過去の記憶によると…さっきの駐車場からすぐの場所だと思っていたんだけど…?
標識が見えてきた
そんな時に心強いのが、こちらの道導!
よしよし道は間違ってないぞ。
なかなかつかない登山口
が、すぐには乾徳山登山口は現れない。
コチラでいいのか不安になる
過去二回を振り返ってみれば…1回目は酔ってたし…2回目は友人と喋りながら歩いていたから距離を感じなかったのかも。
標識がありがたい
不安になる人が多いのか?ガードレールに標識がありました。
そして…15分ほど歩いた先に…
登山口が見え始めた
乾徳山登山口が見えてきました。
乾徳山登山口の看板
この乾徳山登山口の看板は過去二回の時と変わりない!
熊に注意の看板
そして、こちらも…

クマ、熊、くまー出没注意看板

不満そうな表情のイラスト
う〜ん…熊出るんですか?乾徳山?