久々の登山は陣馬山から高尾山まで単独縦走(3/3)高尾山

久々の登山は陣馬山から高尾山まで単独縦走(3/3)高尾山タイトル

小仏城山までたどり着けば、後は高尾山を目指すだけ!さっさと高尾山山頂へ着いて、さっさと高尾山を下山してビール!ビール!それを脳内で唱えながら歩いた高尾山エリア山行の記録です。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01目指せ高尾山!

小仏城山の茶屋付近になると一気に人が増えた!
さっきの景信山の倍の倍、さらに倍!ってぐらいの人々がワラワラいる。
小仏城山の茶屋
過去に小仏城山へ来た時は夏近かったの
ここでかき氷を食べたな〜
小仏城山で食べたかき氷
と思い出しながらも…休むことなく高尾山方面へ進むことに。
小仏城山の標識
小仏城山から見た富士山もご立派!
小仏城山からの富士山
こんなお花畑も作られているんですね…。
小仏城山の花畑
高尾山方面へ向けて歩きだすと、まず現れるのは下り階段。
小仏城山から歩き出す
あと高尾山まで2キロちょっとだ〜!って思っていたんだけど…今日の登山が終わるにはあと6キロは歩くのか…まだまだ先は長いね。
小仏城山直下の標識
道も一気に変わった…。
小仏城山から道が整備されている
自然遊歩道から…公園遊歩道だ…。
小仏城山から道が整備されすぎている
数年前に小仏城山まで来た時って…こんなに整備がされていたかしら?
木の階段とベンチ
ちょっと…ビックリしながら歩いていると…
もはや登山道でない
桜が咲いていて綺麗!
今年の桜の開花は早かったようで、高尾山の桜もあちらこちらで花開いています。
桜の花が綺麗
そのまま道なりにひたすら歩くと、再び騒がしいエリアにたどり着きました。
人混みが現れた
こちらは一丁平の広場。
休憩には最適なスポットのせいか?たくさんの人々がランチ中。
一丁平についた
トイレも長蛇の列!
一丁平のトイレ
ここまで来ると2〜3人横に並んでおしゃべりしながら歩く人がいる。
でも仕方ないよね
高尾山だもの!
一丁平からも整備された道
登り優先も「こんにちは〜」の挨拶もない
でも仕方ないよね
高尾山だもの!
もみじ坂の看板
お菓子をポリポリ食べながら歩く人がいる…ちょっとカスが落ちていない?
でも仕方ないよね
高尾山だもの!

でも…高尾山だからって…それで…いいのかな?
もみじ坂に入る
そのままぐんぐん歩くと
再びガツンとした階段の登場だ!
もみじ坂を一気に登る
小仏城山からココまでのモヤモヤした気持ちを解消する為に一気に階段を登ろう!

途中…だんだんと苦しくて、止まろうかな〜?
と思うが…

いやいや!ダメダメ!これしきの階段でへたっていては今シーズンのテント泊登山はできないぞ!

投げやりな笑い顔のイラスト
そう自分に言い聞かせてひたすら登る・・・
登った先が開けている
こうして、登った先からは高尾を取り巻く山々がよ〜く見える!

ひゃ〜疲れた〜!でも達成感ある〜!

苦笑いをするイラスト
※個人の感想です。効果には個人差があります
ますます舗装路
登った先にあった茶屋にも人がたくさん!
茶屋がある
ここで肉類を焼かないでください
との注意書きがあった気が…

そりゃそーだ。だってココは茶屋の前。
団子とお茶の前で肉を焼かれちゃ風情も台無しだ。
いよいよ高尾山山頂
正直な所、高尾山に登っていると時々

それってどうなのよ?

不満そうな表情のイラスト
って思う人にも会う確立が他の山より多い気がする…。
※個人の感想です。効果には個人差があります
そんな時
あ〜〜やだやだヒヨコ登山者は
なーんて思わないようにしようと思うように心がけては…いる。
だって自分も振り返ってみれば登山のとの字にも興味なく、みんなでわいわい登っていた頃…どんな行動をしていた?

いや…とてもココでは言えないっす


なので、行為を憎んで人憎まず
で…ですよね?うん。
憎んじゃうけど…ゴメン
そんなモヤモヤを感じつつも、道なりに、標識沿いに歩いて行くと…。

11時45分高尾山山頂に到着

高尾山山頂に着いた
高尾山山頂に着きました〜!

朝7時半に陣馬高原下バス停を出発して、約4時間チョイで高尾山に着けました。
想定していたコースタイムよりも早く着けたことで、今シーズンのテント泊登山もなんだかやれる気がしてきたぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする