久々の登山は陣馬山から高尾山まで単独縦走(2/3)奥高尾縦走路

03景信山から小仏城山

コチラからも富士山がヒョッコリ!
景信山山頂から見る富士山
景色も良くって、来てよかった!
景信山山頂からの景色
ウフ。便所なんですね!
最近作られたっぽい道標だけど、トイレじゃなくって…便所!
何らかのこだわりかしら?
景信山山頂の道標
すっかりお腹も空いたので、こちらで食事をとることに。

景信山でランチ!

食べるイラスト
とは言っても、私の場合はコンビニで買ってきたオニギリとサンドイッチと水…。
ステキなランチも憧れているんですが…時間貧乏なので…前日までなんの用意もしないし、近郊登山だと天候と思いつきで登山をするから食事計画も練らないまま飛び出してきちゃうんですよね…。
あ!登山計画はちゃんと練って、ダンナに登山コースを伝えてます!
景信山山頂の茶屋
周りを見ると
バーナーを使って美味しいモノを作っているし…。和気あいあい。ひとりでマッタリ。
いろいろな人がいる。

そんな中、私の近くにはハエが一匹いましたが、家ではうら〜!っと思うハエも山の中ではスルーできる。

山って…人を穏やかにさせますね

ニコニコしているイラスト
景信山山頂の茶屋の間を通る
ご飯を食べ終えたら、そそくさと城山方面へ。
丁寧な道標
もうさ〜こんな看板まで!至れり尽くせりすぎますわ。

景信山から高尾山方面を見ると、何やら鉄塔の立った山が見えるけれど…
あれは高尾山???
遠くに見える高尾山
ま、よくはわからないけれど進もう!
下って…
景信山から下る
登って…

まるで「まんが日本昔ばなし」のように山々を越えて行きます。
再び登り
しかもこの先にあったこの看板。
滑りやすいから気をつけての標識
ん〜?とよく読んでみたところ…
道が滑りやすいから気をつけて
コンナことまで丁寧に…!
歩きやすい道
で、右側を通ってみたんですが…えっと…?どこが滑りやすい道だったのかしら?
コチラも過去に事故かなんかがあったポイントだったりする???

そして歩き続けると…また石版を見つけたよ!

おおお〜やっと半分を越えた…

同意している笑顔のイラスト
関東ふれあいの道の石版5
でも…まだ8キロもあるのね…。
奥高尾縦走路はまだまだ続く
どんどん、ひたすら、ずっと歩いて…小仏峠まで来ました。
小仏峠へ到着
今回の登山ルートを出発前にダンナに説明した時に
小仏峠の看板

へ〜あの小仏トンネルの上を歩くんだ〜スゴイね!

ダンナのイラスト
ってダンナに言われたコトで、小仏トンネルをやたら意識していました。
小仏トンネルの上
もちろん、トンネルなんて見えませんわ…。
小仏峠から出発
ここでは高尾山近辺の地図が出張販売されていました…。
歩いているうちに途中で地図が欲しくなる人がいるんでしょうね。
巻道と階段
右手には階段、左手にはなだらかな上り道…。アナタならどっちを選ぶ…?
この時の私は左の道を選んでしまった…。
だって〜右手の階段には人が数名いたんだもん。
ひたすら登る
そして歩き続けると再び…
再び階段
右手には階段、左手にはなだらかな上り道…さあ、今回はどっちを選ぶ…?
と思いながら道標を見ると。
小仏城山手前の道標

ええ!まき道は…惹かれるけれど、行かないぞ!

歩くイラスト

巻道を選択したら、小仏城山へは行けないんでしょう?
私は小仏城山方面を目指して進むよ!
階段をひたすら登る
延々と続く木の階段を登りながら…私は一体何を一人で焦っているんだ?と思いつつも、この手の階段を休憩を取らずに登ろうと頑張り、そしてそのコトができた時…一人で自己満足しています。

まだまだ私もやるじゃん!

喜んでいる顔のイラスト
奥高尾縦走路が続く
階段を登りきると、なんとな〜〜〜〜く人の気配が…?
もうすぐ小仏城山
人がたくさんいる気配って何となくわかりますね〜。
小仏城山についた
小仏城山に着いたー!
ここまで来ると、今までとは比較にならないぐらいの人・人・人!人だらけ!
もうすっかり観光地モードです。
さて、この先に待ち受けるのは…人混みが苦手な私が挑む高尾山!
楽しい登山はこの先どうなることやら…(^_^;)
次回「久々の登山は陣馬山から高尾山まで単独縦走(3/3)そして高尾山へ」に続きます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする