真夏の表銀座を単独テント泊で縦走(8)槍ヶ岳から上高地へ

03槍沢ロッヂから上高地へ

槍沢ロッヂからスタートした時…もうね、実は雨が結構降っていた。
まだまだ横尾まで遠い
でもね、レインウェアはまだ着ないで下る。
川を右手に進む
気温が高いので多少濡れても身体が冷えることなく、いや?むしろ濡れることによってちょっと体感温度が下がって…適温?
ニの俣の看板
これって気温が高いのと標高が低いのと風が吹いていなかったからなんとかなったけど…山で体を濡らしちゃ…ダメです。
偉そうにブログを書いておきながら山のルール違反をしてますね。
橋を渡る
ああ、その後も延々と歩く。
滑りやすい石道
この後も横尾からの帰り道で約3時間かかる予定…

三時間って長いわ〜!

不安を感じているイラスト
んー。
三時間も考えるネタもないので、今まで見た映画の中で一番長い映画のあらすじでも思い出そうと思い…思い出したのが…
長編映画「タイタニック」
私の中でのあの映画のあらすじは…
ジャックとローズ出会う、恋する、逃げる、タイタニック沈む。
あっという間にもう思い出し作業も終わってしまった。
なだらかな川沿い
他にもブログの事なんかを考えたいトコロですが…やはり足がだるかったり、早く下山したい気持ちが勝って…ダメ〜。
一の俣の標識
ぐんぐん下って、進んで、進んで、進んで、やっと
雨でびしょびしょの道
横尾に到着しました〜!

8時25分横尾山荘前に到着

横尾に到着
ああ…ここ迄3時間かかったのか〜…でもね、ココまでくれば一安心!
だって、この先は…ただただ林道!ほぼほぼ平坦!
そう…

平坦な林道が10キロ続く…

疲れきった顔のイラスト
しかもその所要時間…山と高原地図によると3時間ですよ!キャー!
さすがに横尾でレインウェアを着ることに…着ている間にも…雨はどんどん激しくなっていく…。
いつまでも横尾山荘の前にいても邪魔な女になってしまうので。意を決して横尾から上高地への歩き出す…。
さらに雨が激しい林道
見てよ〜この水たまり〜。
雨で写真もろくに撮れない
このブログ用にちょっとでも綺麗に写真を残したいところだけれどレンズに水滴がガンガンついて…厳しい!
タオルでレンズを拭くのですが、拭いたそばから雨が…!

雨のせいか?疲労のせいか?横尾から次のポイントの徳沢までメチャクチャ長く感じた…。
カラフェスの看板
ようやく着いた徳沢でカラフェスというイベントをやっていましたが、悪天候のせいか?人の入りがいまいち。

残念な事にお客さんが全くおらず…スタッフさんが通りかかる女性に声をかけている。

なのにーなーぜー私は声を描けられなかったの-?

照れ笑い顔のイラスト
ま、いっけどねー、荷物増やたくないし…さあ!帰ろう!
あ…もしかして、この時の私…まさに話しかけるなオーラ出てました?
林道から望む穂高の山並み
徳沢から次の明神までも…歩けど、歩けどつかない!
思い返してみれば…上高地から槍ヶ岳山荘まで歩いたのは過去二回ありましたが…帰りにこの道を下りに使った山行を思い出してみたら…

涸沢から横尾に出ての上高地

蝶ヶ岳から徳沢へ出ての上高地
か〜…そうか…今回の下山が一番長い距離を歩いている&雨か…そりゃあ長いよね。
林道歩きに疲れて来た
もう…もう着いていいんじゃないの?
と幾度も自問自答する

あーん!もうヤダーと思い始めた頃に

林道にいた猿

小猿
中くらい猿
ママ猿
赤ちゃん猿
の猿の集団と出会う。

きゃ、キャワワ!

感心している顔のイラスト

すると…最後にノシノシ歩いてきた…いかにもボスザルが怖い!
猿を刺激しないよう…遠くから…望遠でパシャリ!

猿御一行で気持ちが明るくなったところに…やっと見えてきたよ!

10時12分明神館に到着

明神館に着いた
そしてやっと着いたのよ〜明神館!
あー長かったー
ここでほんのチョット座り休憩。
飲み物を買おうと思ったけれど…レインウェアパンツの下に履いているパンツから取り出すのが面倒だったので、ハイドレーションの水を飲む。
明神池の看板
ココらへんまで来ると
上高地からの観光客の方々多い。
みなさんスゴイ元気でキャッ!キャッ!ワイワイと歩かれている。
その元気パワーを分けてほしいと思いながら
うつろにフラフラと歩く
穂高奥宮
その後もひたすら歩いて…
上高地付近まで戻って来た
歩いて…歩いて…
歩いて…歩いて…歩いて…歩いて…
ああ…やっと、上高地まで500mきった〜!
上高地への分岐
こちらの小梨平キャンプ場にも立ち寄り湯があるんですが、通い慣れた場所を好む私は上高地アルペンホテルの立ち寄り湯まで歩くことに。
そして…やっと、やっと観光地・上高地へ着いたー!
上高地に到着
到着時の写真を撮ってなかったのですが、多分…時間は11時半近く…。
7時間程かけて下山したってことですよ〜。
長い長い歩き時間と雨と…靴内で発生している湿気で足がブヨブヨ…一刻でも早くお風呂に入りたい!

04上高地から帰る

アルペンホテルの受付には11時半ほどに着いたのですが、アルペンホテルのお風呂受付は12時から。
うんうん、大丈夫、全然待つ!

だって一歩たりともあるきたくないもの!

体調の悪いイラスト4
上高地アルペンホテルで風呂に入り、ロビーで寛いでいるとダンナから連絡が入る。
帰りの上高地発の京王バスをとってくれたそう。しかも3列シートのちょっとお高いバス!

まあ、なんてゴージャスな

キラキラしている顔のイラスト
気持ち的には…行きのバスは眠れるようにゴージャスでもいいけど、帰りは…どうせ疲労で寝ちゃうからゴージャスでなくても…。
ううん!その、とってくれた気持ちが大切よね!
でもね、これ私のカードで買ったのよね
ま、いいけど。ありがとう。
その後は定番の河童橋を無駄に渡る。
河童橋に到着
河童橋から穂高方面を見ると完全に雲に覆われています。
上高地から穂高方面を見る
バスで飲むためのお酒を河童橋近くの売店の近くにある自販機で購入。
多分…ココが一番定価に近いんじゃ…と思っていますが…どうでしょう?
自販機のお酒が一番安い
そして上高地バスターミナルについてバスを待つ。
上高地バスターミナルへの道
上高地バスターミナルでは、バス乗車時間を待つ間に靴を洗えたり、ビジターセンターで上高地に関する豆知識を得られるんで時間をもてあますことがありません。

そうして、私が乗る新宿行きのバスが15時にやってきたので無事にバスに乗車し新宿へ帰りました。

以上で、表銀座縦走コースの思い出は終了です。
今回このコースを歩いてみて、常に槍ヶ岳を見ながら歩け、ハシゴあり岩場ありの…きついけれど登ることに対しては飽きのこない登山道は個人的に大好きなコースとなりました。
また機会があったら

小屋泊装備で登ってみたいな〜

同意している笑顔のイラスト

と思います。
いや…うん…テント泊装備ではチョット…中年にはきつかったわ〜!

では、感想がちょっと駆け足になりましたが、お付き合い下さりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました