日帰り単独縦走三ツ峠山(5)母の白滝へ下山

日帰り単独縦走三ツ峠山母の白滝へ下山変タイトル

今回の目的である三ツ峠山(開運山・御巣鷹山・木無山)は無事登頂できたので、これから先は下山のみ。久々の登山での下山って…足に来るよね〜。

前回の記事は…

日帰り単独縦走三ツ峠山(4)御巣鷹山・木無山
とりあえず…三ツ峠山の代表格である「開運山」は登った。残る2山のうちの「木無山」はこの後通過するから良しとして…もう1山の「御巣鷹山」へは、ちょっと回り道しないと登れません。ネットで検索してもあまり話題に出てこない「木無山」は…いったい...

 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


木無山から下山開始

木無山から母の白滝へのイラストマップ1

地図で自分が下山する方向の母ノ白滝方面を確認していると、後から来る人来る人…かちかち山ロープウェイ方面へ下山していく…。母ノ白滝方面へ向かうのがボッチだと…。

あれー?人気ないのかな?母ノ白滝方面。もしかして難所だったりとか?

苦笑いの登山者のイラスト
って不安に思ったけど、後々このコースを見直すと…河口湖・富士山パノラマロープウェイ(かちかち山)方面への下山コースが人気のようですね。
このロープウェイに乗れば、河口湖を見下ろしながら下山ができる?…ソレいいじゃん!
貧乏性なのでせっかく車での送迎つきだから、ロープウェイは乗らない!なんて思っちゃってたけど…乗っときゃ良かったかも。
ぷち後悔。

11時7分木無山から下山開始

木無山から母の白滝方面へ向けて下山開始

で、今回の下山方面「母ノ白滝」への下山コースの始まりは…こんな始まり。
コチラでいいんだよね〜?と地図を見て迷う私の後ろには、ロープウェイ方面へ向かう方々が通り過ぎていき…誰もコチラへは向かわないので、いつもだったら不安な気持ちを抱えつつ進んだりもするんだけど…
今日は大丈夫!

木無山から母の白滝方面へ向けて下山開始2

実は…今更なんですが…この時の登山で
スマホに某山アプリを入れて、地図とGPSを連動させて登山デビュー!をしたのよ。
これが…マジ…

便利すぎる…!

おののく登山者のイラスト

スマホの地図上で自分の居場所がわかるって…なんて…安心…!
スマホのバッテリーが減るのが嫌で、今まで一度も入れたことがなかったんだけど…

今日は日帰りだし、行動時間も短いからテストしてみよう

笑顔の登山者
って思いついてトライしてみたんだけど…
すごい!便利!
一人っきりで下山していても道に関しては不安感が85%軽減された。

道筋はハッキリしている

この登山の後、2回ほど別の山でも使ったんですが…うん。わかる、わかるぞ!今の自分のいる場所!オホホホホ!………でも
やっぱり…
飛行機モードにしていても…

スマホのバッテリーが減っちゃう〜!

叫ぶ登山者のイラスト
日帰りや1泊2日ならいいけど…、3泊4日の山旅では…厳しい…。
どうしましょうかねぇ…。このようなサービスを使っている方、バッテリー問題どうしています?
私は1泊以上の縦走の時は3回フル充電できるモバイルバッテリーを持っていっているんですが…それでも不安。

道標もある

さて話は下山に戻して…行動時間は余裕、食べ物もまだまだ持ってる、ルートにも不安がない今
恐れるは野生動物ぐらいかな?〜と心に余裕がある下山だと、心は…

どこ?河口湖?

指差す登山者のイラスト

今回のコースを計画している時、富士山パノラマロープウェイを使わないでも、このコースなら河口湖を見下ろしながら下山できるんじゃない?って思っていた…

どんどん下山1

そう、こんな感じでね。

河口湖を探すイラスト

が…見えなーい。
そりゃあそうだ。木々がワシャワシャ生えているんだもの、見下ろす先に広がるのは樹林帯さ〜。

どんどん下山2

そうだよね、そうだよね、当たり前だよ。
そう思いながら下っていくと…

どんどん下山3

あらま!
見えたわ。

河口湖が見えた

あれ!河口湖よね???
やったー!ちんまりだけど湖を望みながら下山ができたわ。

そしてすぐに車道に出たよ。

11時36分尾根取付に到着

登山道が終わる

人は少ない登山道でしたが、この母の白滝コースもよく整備されていて、楽に下山ができました。

尾根取付から送電鉄塔へ

木無山から母の白滝へのイラストマップ2

さて…車道…。
まだまだ下山を開始して30分ほどの場所なのに……なんで、こんなに立派な車道があるのよ〜。
車道向かい側に見える登山道に再びイン。

車道に出たが再び登山道へ

インする前に、この看板が……。

熊に注意の看板

まあ、どこの山でも「クマ注意」の看板はある。

下る

ドコにでも熊はいる…そう思って登山をしないとね…。だって熊の住むエリアにお邪魔しているのは我々だ。

登山道はどんどん下っていく…。
下れば下るほど、赤テープと道標の量が増えていっている気がするんだけどー。

母の白滝への道標

山頂付近のほうがピンクリボンの量が少なかった気がする。

そして再び車道(だったかな?)

またも林道

またかよ〜と…思っちゃうけど…まあね、山ってこんな感じだよね〜(雑でごめん)

車道のイラスト

車道が車を巻き巻きして整備され、その車道をぶった切る感じで登山道が貫いていくから、車道と登山道のザッピングも低山あるある…だね。

再び登山道へ

再び入った登山道の先にはピンクリボン。

ピンクリボンが見える

そして道標

多くなってきた母の白滝への道標

途中には水がチョロチョロ流れ続ける場所のため、ぬかるんだ場所もある。

ちょっとグチョグチョした道

すると、また見えてきた車道…。

三度車道

そして鉄塔だ!

11時48分送電鉄塔に到着

電波塔直下へ

この日の私の下山はテンポ良く、木無山から送電鉄塔までのコースタイムだと60分かかるコースを40分で下山できてました。

ま、それだけ歩きやすい道ってことよ

笑顔の登山者のイラスト
ココまでくれば後1時間ほどで母ノ白滝につくはず。
母ノ白滝駐車場にで車で私をピックアップしてくれるダンナに「鉄塔なう」と連絡を入れて足を進めます。

送電鉄塔から母ノ白滝へ

木無山から母の白滝へのイラストマップ3

さて、鉄塔。
都会にいると、その真下に立つことはあまりないかな?
でもココでは鉄塔の真横に登山道があるんです。

電波塔直下を歩く

この鉄塔を通過する時、ふとジョジョの奇妙な冒険4部の鉄塔に住む男を思い出す。

JOJOのイラスト

そう、ジョジョの奇妙な冒険ファンなの私。
鉄塔を過ぎると、また樹林帯だ。

植林を歩く

植林された真っ直ぐな杉の木の道を下っていく。

植林を歩く2

このエリアを抜けると道はますます遊歩道に…。
チラリズムで見える河口湖が先程より、だいぶ近づいた。

湖が小さく見える

階段や橋で整備された道を抜けていく。

遊歩道ぽくなってきた

すると、水がだーーーーーって流れ落ちる場所にでる。

水の縁石

まさか…これが母ノ白滝ではないよね〜。
道はジグザグとした行ったりきたり道になり…。

ジグザグ降りる

もうすっかり登山道というよりは散策路な雰囲気に。

三ツ峠山の説明看板

最後に急で狭い階段を降りるんですが…これが結構狭く…。
知り合いのふくよかな人だったら?テント泊の私だったら?下るの大変そう。

狭い階段を降りる

この階段を下りきると…ジャジャーン。

12時11分母ノ白滝に到着

母の白滝に到着

鳥居や社も設置されていますね〜。
母の白滝からちょっとだけ登りの道を歩いた先が

母の白滝駐車場へ向かう

今回の下山場所の母の白滝駐車場

12時14分母ノ白滝駐車場に到着

母の白滝駐車場に着いた

車は8台ほど止められそう。
で…私をピックアップしてくれるハズのダンナが…居ない。
どうやら私の下山時間が予定より早かったのと(コースタイム上では1時間半かかる)、この場所を見つけるまでに苦労したそうです。
そうだね…訪れたことのない、ちょっとローカルな登山道口を車で見つけるのって…大変だよね〜。

一通だったり、道が狭かったり…

悩む登山者のイラスト

さて、今回の三ツ峠山登山は朝8時に登山を開始して、12時15分には下山ができたのでトータルで5時間ほどの登山となりました。
道は全体的に歩きやすく、行動時間も短いので初級者向けの山だというコトが歩いてみて実感できました。

三ツ峠山から眺めが得られなかったのは残念だったけど…そうね、次の機会があれば三ツ峠登山口から三ツ峠山、そして富士山パノラマロープウェイ方面へ抜けるコースで歩いてみたいですね。
以上で三ツ峠山のレポを終わります。

次回は…おまけの観光編。
関東エリアで育った私ですが、河口湖周辺のあの有名スポットへ行ってなかったのよ…外国人観光客が居ない今がチャーンス。

タイトルとURLをコピーしました