涸沢で単独テント泊&パノラマコース下山(5)モルゲンロート

涸沢で単独テント泊&パノラマルート下山モルゲンロートタイトル

今回の記事は…過去にも何度も描いた涸沢カールのモルゲンロート…ええ、何度も描いているので、写真がメインになります。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。

モルゲンロート

さて…今回の朝ごはんは…
昨日のソーセージ残り汁にラーメンを突っ込んで…素インスタントラーメン。

今回の山飯

写真ボケボケで…(^_^;)
ヤマご飯作る意欲が少なけりゃ、撮る意欲も少ないです…。

ご飯を食べ終わったら、テントを撤収。

テント撤収

季節は10月なんですが、あまり寒くない朝でした。
なので、テントを撤収しながら涸沢カールの名物のモルゲンロートを見ることに。

あ、そうそう…モルゲンロートの意味はご存知ですか?
もし知らなかったら…このサイトの登山用語集「モルゲンロート」の記事を見て頂けると…嬉しい。

朝焼けなのに…撮った写真によって色が違う。
紫だったり…。

涸沢のモルゲンロート1

赤青かったり…。

涸沢のモルゲンロート2

なんでだろ?
で、そのうち…キタキタ。
赤い色。

涸沢のモルゲンロート3

朝日によって照らされた岩肌が色づいてるよ。

涸沢のモルゲンロート4

何度見てもキレイですね〜。

涸沢のモルゲンロート5

ザイテングラート取り付き付近の紅葉も赤く照らされていい感じ〜。
ホントは…脚の調子がよければ…あそこらへんまで行きたかったな…。

涸沢のモルゲンロート6

でも、いいや。
今回の登山もこんなにキレイなモルゲンロートを見ることができたんだ。
満足!
こうして、モルゲンロートを見ながらテントを撤収。

涸沢分岐から涸沢テント場まで

さて…本日、どうしましょう?
昨日に続いて脚が痛かったら…素直に本谷橋〜横尾間で下山しようと思っていたんだけど…

アレ?あまり痛くない。

登山者のイラスト

屈伸し、伸ばしてみる。
痛くない。

これ…パノラマコース行ける…?

いやいや油断は大敵。
何度も脚の調子を見ていると、

パノラマコースってどこですか?
と男性から声をかけられた。
初心者オーラ満載の私に聞くなんて…めずらしい…。

ふと、目に入ったテント場にある石に描かれた道標にはパノラマコースへの道筋絵が描いてある。
…ほう。

パノラマルートへの地図

北穂高岳に願いをかけながらモミモミしたのが効力を発揮したのかしら?
左足ふくらはぎにあったこむら返りのような痛みは消えていた。
ちなみに昨日左足をかばいながら歩いていたせいで痛くなった右の膝の痛みもなくなっていた。
今、振り返ってみても、なんで…足の痛みが消えたのか…不思議。

で…人からパノラマコースの場所を聞かれた、ふとパノラマコースの地図が目に入った、そして脚の痛みもなくなっている…これは…

パノラマコースへ行っていいっていう啓示?

指差す登山者のイラスト
って思っちゃいません?ねえ?

涸沢ヒュッテテント場から出発

すっかり日が昇った涸沢カールに別れを告げ、涸沢ヒュッテへ。

涸沢ヒュッテ1

パノラマコース上にはトイレは一切ないので、最後にトイレ。

涸沢ヒュッテ2

涸沢ヒュッテ玄関にも別れを告げ

涸沢ヒュッテ3

さあ!行くよ!パノラマコース!

下にパノラマコースの絵をアップします。
緑の波線がパノラマコースになりますよ。

涸沢パノラマルートイラストマップ

パノラマコースは一般登山道ではありません。
私が今回歩いていてみて…重太郎新道から前穂高岳〜奥穂高岳を登れる経験&体力は欲しいかも。
狭く急な歩きづらい岩場を歩くのと斜度と岩のある山道を長時間歩くのが…結構大変でした。
しかもさ〜このパノラマコースが終わって新村橋を渡っても…その後上高地までの2時間チョイの林道歩きも待ってますよ。

6時28分涸沢ヒュッテからパノラマコースで下山開始

パノラマコースに入る

パノラマコース入り口には注意書きがあります。

パノラマコースは道幅狭く崩落箇所のある難所です。
健脚者、熟達者及び時間の余裕のある方で、AM9:00までの通行開始をお願いします。

ストック使用不可

この2点だけでも…容易に侵入してはならない雰囲気満々でしょ?
ちなみにこのコース。雪が降っていたり、凍結している時は封鎖されているとか。

最後にもう一度脚の調子を確認し…それではパノラマコースに行ってきます!!

次回「涸沢で単独テント泊&パノラマコース下山(6)」に続きます。

タイトルとURLをコピーしました