単独テント泊で広河原から鳳凰三山を経て夜叉神へ縦走(南御室小屋〜夜叉神)

03苺平から夜叉神峠

地図苺平から夜叉神
苺平を過ぎてしばらく歩くと展望が開けてきました。
道標にそって歩く
やったー!
と思うが…空は曇り…。
下の写真だと青空に見えるんですけど、小雨がジットリ降っていました。
火事場後
火事場跡に到着。
火事場後のオブジェ
こちらは約50年前の1961年(昭和36年)に大規模な山火事があり辺り一面焼け野原になった場所なんですって。
開けた道を下る
その後もだらだらと道を下る…。
誰もいない登山道
ここまで来たら

下山したらどこでビールを飲もうか?そして何を食べようか?

喜んでいる顔のイラスト
ソレばっか考えて下っていた気が…だって…単調な下り道がず〜〜〜〜っと続いているんだもん。
少し開けて安心
それにしてもはっきりしない天気…山々もうっすら…。
うっすら見える山々
うっすら見える山々2
下の写真は同じ場所で別の機会の時に撮った写真です。
晴れの日の山々
晴れていると遠くの山々までよ〜く見えますね!
なだらかな道
ここらへんで、やっと上りの人とすれ違うことができた。
木々の間から空が
この長〜〜〜い道を下るコトにすっかり飽きた私は、これから登る人たちのこの先の長〜〜〜い道のりを考えると

頑張って!

頭を掻いているイラスト
と、心の中で応援していました。

07時37分夜叉神小屋に到着

夜叉神に着いた
はぁ〜〜〜!やっとここまで来たよ!
夜叉神小屋
夜叉神小屋は閉まっていましたが、中に人が居たんですね…気が付かなかった!
夜叉神の道標
ここまで降りてくれば一安心なのですが、ウッカリ間違った場所に下山などしたら…大変なことになるので道標を確認してから進みます。
夜叉神も雨だった
それにしても長い道のりだった。
夜叉神峠から南御室小屋までの標準コースタイムは5時間だそうで…昨日、広河原から高嶺までの3時間半とくらべても長い…しかもずっと森かと思うと、私にはバリエーションに富んだ広河原コースが合っていたんだと自画自賛しながら歩きます。
道標を確認
だんだんと、幅広く歩きやすい遊歩道のような道を下がってきたら夜叉神峠はもうすぐ!
そろそろ麓
登山ポストに山小屋情報に現地なうな情報が書かれているのがありがたいですね!
山小屋情報
そして…ようやく…

08時10分夜叉神峠に到着

夜叉神峠登山口
夜叉神峠バス停の前に着きました!
南アルプスの地図
見上げてみると空はどんどん重たく…。
早めに下山しすぎたかと思ったけれど、雨の日歩きが好きではない私には良い選択だったと自画自賛して登山終了!
夜叉神峠から空を見上げる
夜叉神峠にある小屋でゆっくりしようかな〜と思ったけど…営業前…。
しばらくすると甲府駅行きバスがやってきたので乗り、甲府駅に着いたのでのんびりしようかな〜?と思ったら特急が来たので急いで乗車し…お昼には新宿に帰り着いていました。
南アルプスは北アルプスと比べると都心へのアクセスが楽なので帰りがスピーディーなのが助かりますね!

こうして憧れ、断念し、再度チャレンジした広河原から地蔵岳、観音岳、薬師岳を越えて夜叉神峠へと無事縦走することができました。
この数年後にまた同じコースを歩いたのですが…このコースはやっぱり面白いコース!
こうして、鳳凰三山レポを書いていて再び登りたくなってきて仕方ないのですが…。

いやね…ブログをやっていると同じコースばかり歩くとレポが…


なんて邪な気持ちもあるわけで…。
ああ、でもやっぱりまた登りたいぞ鳳凰三山!

以上で鳳凰三山レポを終わります。
お付き合下さってありがとうございました!

※スキー旅行前日に急いで書いたので、間違い等ありましたら申し訳ありません。


タイトルとURLをコピーしました