凍傷

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語凍傷になりそうなイラスト

類 似 語ないみたい


寒さにより皮膚や筋肉などの体組織が凍結し、組織が損傷、破壊される症状。特に手足の指、耳たぶ、鼻、頬などに多く見られる。
初めは冷たい感じとなり、次第に痛を感じる。さらに進行すると感覚が麻痺した状態になり、次第に皮膚が壊死する。
軽いものはしもやけから、重度の症状になると最悪の場合、患部を切断しなければいけなくなってしまいます。

凍傷の障害の程度

第1度
皮膚が痒くなったり赤く腫れたり、または白くなる。
第2度
皮膚の感覚がなくなり、水疱や水ぶくれ、発疹が出る。
3度
皮膚が壊死して白く→黒く変色、水ぶくれ・ただれ・患部が黒く変色。患部が壊死した場合、回復は難しく後遺症や患部切断の可能性がある。

私も過去にニセコスキーで暴風雪の中で延々と滑っていたら…なりました。凍傷。
凍傷になった頬
頬に水ぶくれがプク〜と出来て、お風呂上がり後に破れそうになり…急いでガーゼで保護した思い出が…。

雪山では、濡れた手袋や靴下をつけたままの行動や、冷たい風に長時間肌がさらされたりすることによって起こるケースや衣服・靴の締め付けによる血行障害が起こっている場合もかかりやすい。

対策としてはまず「体温の維持」を心がけ、予防をすること大切。
また、水疱を破ったり、患部を擦ったり叩いたりしてはダメ。

私はかかった当時は常にガーゼとニベアで保護。
家に帰宅後にウォーターブロックのバンドエイドで患部を保護しました。
とりあえず跡は残らなかったので良かった…

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ishi より:

    今さら聞けない山の用語や、楽しいまんがをいつもありがとうございます。
    アルプス一万尺の回で使われた写真画像は、孫槍ではないかと思うのですが▪▪▪
    違っていたら、ごめんなさい。
    これからも楽しみにしてます。

  2. たまご より:

    ishiさん

    コメントありがとうございます!
    わ〜!写真違ってましたか…!恥ずかしい…。
    近々写真フォルダーをひっくり返して小槍を探し直してみます(T_T)
    ご指摘ありがとうございます!
    本当に助かります〜(^^)