2018年3月3日〜05日ニセコ地域

現在ニセコにいるのですが、明日でとうとう最終日…今回の留守中も記事は全日投稿できるな…と思っていたら…1日分足りなかった!
明日は帰宅の為、とても記事を書いている時間など取れないので…前倒しですが今回のニセコを振り返ることで記事にします。

2018年3月3日

そう…北海道へ来る前からわかっていたんです…今週末は気温が上がると…!
見ての通り千歳空港も雨と気温上昇でベシャベシャ。
雨の千歳空港

けれども前日までの北海道は大荒れ!
いつも通る国道276号線(尻別国道)は前日までの吹雪で通行止めだったそうで…
毎回立ち寄る「きのこ王国」も通行止め&停電の影響で営業していませんでした。
営業していないきのこ王国
実はこの国道276号線の通行止めが解除されたのも私たちが通過する、ほんの数時間前だったと…通過してから知りました。
ここにたどり着くまで1時間半ぐらい運転していたので、通行止めが解除されていて助かりました。

到着日は北海道へ到着する時間がお昼だったので、最初から滑らないと決めていたのであちらこちらに寄り道しながらニセコへ向かい、おとといの記事にも書いた細川たかし像のある真狩村にも立ち寄って見ました。
細川たかし像の直売所
こんなに雪に埋もれてしまっている細川たかし像。
細川たかし像と私
彼のいる場所には、足跡が数個…私たち以外にもタカシに会いに来た人がいるんですね。

今回も千歳空港からレンタカーで移動にしたのですが、運転して2時間ほどでこの汚れよう…。
すっかり汚れたレンタカー
自分ちの車がいつも暗い色ばかりなので白い車にイマイチ違和感を感じる…。

その後立ち寄った羊蹄山の湧き水。
来る人来る人が水を組んでいくので…ついつい自分たちもペットボトルに汲んでしまったけれど…。
羊蹄山の湧き水
帰りの飛行機の手荷物で重量オーバーで引っかかるよね〜。
美味しかった羊蹄山の湧き水
近くにはお豆腐屋さんもあって、美味しいお水でした。

今回のホテルは1月末にも泊まった「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ」
飛行機代・ホテル代が前回の半額近い料金だったのが今回のニセコスキーを決断したキッカケ。
ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ室内
しかも今回の部屋は前回より広い…。
ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ室内2
寝室、和室、リビング、キッチン…家より広いよ。
ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ室内23
部屋も暖かで居心地がよく、ニセコヒラフ側の狭いホテルを思い出すと…こっちに泊まりたくなっちゃう。
ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ室内4
来シーズンもできれば泊まりたいコンドミニアム型ホテルです。

2018年3月4日

2日めは…起きた時から雨!
じゃんじゃん降っていて、とても滑りに行く気にもなれないのでスキー道具一式を積んでニセコチセヌプリ側への観光へ。
冬季中に行ける範囲内の奥地「五色温泉」への道のりの途中にあった温泉施設。
雪秩父
ここら辺一帯は硫黄臭がすごかった!
雪秩父の湯釜
色々済ませた後にこちらの温泉に立ち寄りましたが、泥風呂などもあって良いお風呂でした。

さて、五色温泉へ向かう途中にはバックカントリースキーをされる方々の車がデポされている場所が…。
そういえば、私も近々バックカントリースキーの予定があるので、久々にスキーシールを張って近くの斜面を登ってみることに。
シールを装着
先シーズンは一度も装着しなかったので、ちゃんと使えるかな〜?と不安を覚えながらも…ちゃんと使えました。
シールを装着して登る
スキーシールは凄いよ!装着すれば雪の斜面をドンドン登れる!
イエティじゃないよ、私だよ。
シールを装着して登る2
結構急な雪の斜面を登れたので、

よし!近々登る予定のバックカントリースキーも大丈夫だろう

笑顔のイラスト
と適当な自信をつけて終了。

その後、道路の行き止まり地点の五色温泉まで行って探索は終了。
五色温泉
さて、帰ろうか…と思ったら…
数年前にクリーズし、昨年再びオープンした?と聞くチセヌプリのゲレンデが目に入る。
リフトはもちろんかかっておらず、どうやってゲレンデオープンしているのかね〜?と思っていたら看板が
チセヌプリの看板
ん?2000円出せばキャットに乗せてもらえて、ゲレンデ上部まで行ける?

せっかくだから、チャレンジしてみたい!

同意している笑顔のイラスト

そう思って建物の中に入ると…
チセヌプリの建物
中にいた人は全員外国人!
しかも日本語通じないー!
もちろん私たちも英語が話せないー!
それでも片言の日本語と身振り手振りでキャットに乗せてもらえることに…。
キャット
なんとなく寂しい、ゲレンデ山頂部分。
使われていないリフト
この頃には雨はやんでいたのですが、やはり雪質は全然よろしくなく…
チセヌプリのゲレンデ
私は全くターンができず、ただただ真っ直ぐ滑り落ちて行った…。
チセヌプリのゲレンデ2
最後に寄ったチセヌプリのトイレ。
チセヌプリのトイレ
トイレの中にあった説明。こちらの地域でも雪形は田植えの目印とされていたんですね。
チセヌプリのトイレの説明
ゲレンデでは滑らなかったけれど、面白スポットを巡った二日めでした。

2018年3月5日

三日めの今日は、前日の雨&今日の冷え込みでゲレンデの状態が悪いのは分かっている…けど滑ろう!
ということでニセコモイワスキー場へ。
予想通りゲレンデの状態はよろしくない。
モイワからみたニセコアンヌプリ
それでもゲートから出てみれば、ノートラックがたくさん。
モイワのG6ゲート外
もっさり重たい雪ながらも結構楽しんで滑りました。
モイワのG6ゲート外のシュプール
リフトから見るモイワゲレンデは人はほぼおらず…そうだよね〜。
ゲレンデはガリガリのツルツルという、楽しいより試練を感じるようなバーンでした。
モイワゲレンデ
その後はニセコヒラフエリアにある、お気に入りのスープカレー屋へ行ってランチ。
つばらつばらのスープカレー
つばらつばらのスープカレー2
正直、雪には恵まれなかった今回のニセコスキーでしたが…それでも楽しいニセコ。
だんだん年老いて、滑りより休憩が多くなったダンナですが…後何回一緒にニセコパウダーを楽しめるかしら?

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする