単独登山デビュー(29)山の怪奇

単独登山デビュー

01話:万全の準備
02話:家族の理解
03話:睡眠事情
04話:出発前のゲン担ぎ
05話:早朝の街
06話:登山へ向かう車内にて
07話:電車から急いで降りる理由
08話:登山出発直前準備
09話:登山口までが…
10話:迷いが生じる
11話:実況中継
12話:はじめての会話
13話:登りとひとり登山
14話:地図を見たくない時・1
14話:地図を見たくない時・2
14話:地図を見たくない時・3
15話:お先にどうぞ
16話:山の昼メシは
17話:うざい登山オヤジ
18話:断っているのに
19話:勝手な登山仲間
20話:ズバッと
21話:女性にとって一番の最強装備
22話:一人登山は無理
23話:助けた代わりに
24話:登山スタイル
25話:登山スタイル2
26話:ガスが怖い
27話:単独登山怪我時のリスク
28話:山の音


山道を歩いていて蜘蛛の巣に引っかかるマンガ
—– 1p —–

登山道の草むらからなにかの音がして熊かと思ってビビるマンガ
—– 2p —–

誰も居ない登山道を歩いていて怖くなるマンガ
—– 3p —–

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

えっと…これは未だにそうなんです。
蜘蛛の巣にビビり。
草むらの音にビビり。
自分の中の恐怖心にビビる。

誰かが一緒だとそんなコトないんですけどね〜。
夜の山に一人とか、ビバークとか絶対無理!

登場人物についてはコチラ「山のマンガ登場人物一覧」を参照下さい。


◀前話「山の音」へ|次話「終わらない林道」▶