鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(06)出発朝焼け編

鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走出発朝日編タイトル

今回の山レポは距離は短いです。
本当は烏帽子小屋から野口五郎小屋まで書きたかったんだけども、今回の記事に使おうと思った風景写真が(個人的には)綺麗だったので、記事用の写真を選んでいるだけで結構な枚数がいってしまったせいです。

前回の記事は…

鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(05)烏帽子小屋編
さあ!やっと着いたよ!烏帽子小屋。 北アルプスのにぎやかゾーンの山小屋のwebサイトに比べると、烏帽子小屋は地味な作りのホームページで…どんな設備の山小屋なのか?テント場は20張りチョイと書かれているので張れなくなったらどうなるのか?...

 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
左が登山・キャンプランキング、右がにほんブログ村っていうブログランキングに参加しています。
押してもらえると見てくれている人がいるんだ〜!って嬉しくなるの。


烏帽子小屋から出発

野口五郎岳へ向かってのイラストマップ1

昨夜18時にシュラフに入り、朝起きたのは3時半位。
テント泊では夜中に何度も目が覚め…

まだ21時…

眠る登山者のイラスト1

まだ0時…

を繰り返す。
つまり、あまり深い眠りはできていない…。
小屋泊ならシッカリ眠れるのか?と言うと…そうでもない。
山小屋によっては人の気配や音がガンガンに感じられ、全然寝付けなかった小屋もあった。

寝ては起き、また寝て…をこまめに繰り返し…

いい加減起きようか

考える登山者の後ろ姿
で、起きるのが3時〜4時のはざま。
テントの中で食事を終え、テントの撤収。

本日の行動は烏帽子小屋から野口五郎岳、水晶小屋…そして雲の平キャンプ場でテント泊。

2日以降の登山行程
鈍足の私としては、行動時間に余裕を持ちたいので朝5時には烏帽子小屋キャンプ場を出発したい。
すると日中の行動時間が13時間程確保できるのだ。

テントの撤収を終え、昨日まで一緒だった2人に別れを告げる。

今度はいつ、彼らに会えるだろうか?
気軽に「またね」と言って別れ、その後二度と会わなくなった友人は沢山いる。
彼らと、また山遊びができるといいな。

5時00分烏帽子小屋キャンプ場から出発

烏帽子小屋テント場から出発

周りはまだまだ真っ暗なので、ヘッドライトをつけ、その灯りを頼りに足を進める。

ヘッデンの灯りを頼りに進む

暗い中での登山は
道迷い。
足元の障害物での転倒。
野生動物との出会い。
が、怖い。
怖いので、熊鈴を鳴らし…足元や進行方向を何度も確認しながら進む。
そんな不安な心を後押ししてくれるのが、この風景。

朝焼けと雲のコラボ

燃えるような朝焼けと、黒い雲のコラボが地獄を想像させる…。
それに…今回の登山前にチェックしまくった天気予報によると…これから3日間は快晴!予報だったんですが…
え〜と…

薄暗い中登る

曇り???
いやいや…!まだ朝日が昇る前なんだから、薄暗いのは当然!
でも…進行方向で立ち込めているのは雲?霧?

薄暗い中登る2

晴れる…よね?
雲の切れ間から高瀬ダムもひょっこり見えてきた。

高瀬ダムが見えた

あ〜あ…お天気イマイチなのかしら?と思いながら登る。

だんだん明るくなってきた

登っていると…空に色味がついてきた。

雲海と山

山座同定ができないので、周りの山々がなんという山なのかはわからないけれど…
この先登るピークがハッキリと見えるようになったよ。

進む方向が見えてきた

あ、このピーク野口五郎岳じゃないからね。
烏帽子小屋から3時間かかる野口五郎岳の姿は現在場所から全く見えません。
でもスコーンと開けた稜線なので風景が最高!

雲海と山がキレイ

前見ても、後ろ見ても、横見ても…素敵な風景が広がってきたよ。

あ〜昨日頑張ってブナ立尾根を登って良かった!

それに…ほら!

朝日が昇った

朝日が登ってきた姿まで見える。
お日様の力によって雲も散って行くと、目の前に広がる風景が更に壮大に見えてきた。

これから登るピークの全貌

これから先、このピークを登っていくんだ。

マジックアワーな登山道

野口五郎岳へ向かってのイラストマップ2

日が登るにつれ、空の色はどんどん変化していく。

赤い山と雲海

雲海が山に迫っていく風景にうっとりし。
目の前のピークが赤色になっていく光景にうっとりして登っていくと、

進行方向も赤い

更に日は登り…

日が昇りきった

おひさまパワーで世界が照らされてる

赤く染まる山々

心を弾ませながらユックリ登る。
登りの速度が鈍いのは、体力がないのもあるけど…風景がキレイすぎるのもあるの。

赤く染まる登山道

遮るものが何一つのないこの稜線なので、どこを見ても美しい場所しか見えないけど…悪天の時は風からも雨からも雷からも逃げ場がいっこもない過酷な稜線に変わるのでしょう。

道標野口五郎岳と烏帽子小屋

ボロボロの道標がそれを教えてくれてます。
まだ日が昇りきらないので日向と日陰の差がくっきりはっきり。

明るくなった登山道

でも日が昇るにつれ山の色がまた変化していく。

広がる登山道

今は黄色系?
遠くの山は黒く、そこへ沸き立つ雲海が白く…いい感じじゃないですか?

朝日で美しく染まる雲海

まだ紅葉シーズンには1〜2週早めの時期だったんですが、日の出効果のおかげで山全体が赤い。

朝日で赤く染まった登山道

下の写真…歩きながら適当に撮ったんですが…今思えば、ちゃんと止まってアングル考えて撮ればよかった…!

朝日で赤く染まった山々

やや、遠くに見えるは槍ヶ岳!

今日の槍ヶ岳はどんな感じなのかしら?
山頂は日の出を見る登山者でいっぱい?

笑顔の登山者のイラスト

この時は、昨日の地震が槍ヶ岳直下(震度5)だとは知りませんでした。

遠くに槍ヶ岳が見える

先程進行方向に見えていたでっかいピークを登る。
登山道はつづら折りでピークを目指していく。

目の前に広がる登山道

見ての通り、岩場も鎖場もゴーロもザレ場もない、とても歩きやすい道。

地道に登る

すると…なんか看板が見えてきた!ここはどこ?

道標が見えた

野口五郎岳を示すことしか書かれていない…。

野口五郎岳への道標

登山地図上にある標高2616m地点かしら…?
ま、とりあえず…目の前に広がっていたピークを登り終えたらから…良しとしよう。

今回のレポは写真中心で、特にネタもない記事になってしまいました。
面白みのない記事でスミマセン。

登山をしながら、適当にシャッターを押すのでこのレポ区間の写真だけで60枚ほどは撮っています。
そこからブログの記事のために写真を選抜しているのですが…

ドレもコレも捨てがたい

笑顔の登山者のイラスト

写真をキチンと撮られている方から見たら稚拙な写真なのですが、その道を歩いた思い出もあいまって…どの写真も愛しく…
結果、自己満足な記事になってしまいました。

次回はサクサク野口五郎岳まで行っちゃうよ!
って…言いたいところだけど…
烏帽子小屋から野口五郎岳までの稜線ってホントキレイで…写真をたくさん撮りすぎてて…どの写真もいい感じで省けず…ん〜どうしよう?

「鈍足・単独・テント泊が歩く裏銀座縦走(07)」へ続きます。

タイトルとURLをコピーしました