春の栂池散歩は残雪残る天狗平まで

栂池・天狗平タイトル

ここ数年の私のスキーシーズンの締めくくりは栂池自然園散歩。今回はちょっと足を伸ばして天狗平まで歩いてみました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01栂池自然園から天狗平まで

2018年の冬は雪が多かった!
だが!
溶けるのが早すぎた…!
3月に入ってから気温はぐんぐん上がり、今年の雪は豊作だ!GWまでガンガン滑れる!なんて思っていた私の心を打ち砕くかのようにガンガン溶け…溶けて…私のスキー熱も溶けて…4月3週目のこの日でスキーシーズンを終えることに。

スキー最終日の今日はここ数年散歩へ行っている栂池スキー場へ!
目的はスキーではなく、栂池自然園散歩。
栂池ロープウェイ乗り場前
ゴンドラから見下ろすとゲレンデはほぼ滑れない状態。
栂池ロープウェイ
なので、ゴンドラとロープウェイを乗り継いで、機械の力を使って行ける一番高い栂池自然園まで移動になります。
栂池ロープウェイの注意書き
栂池自然園まで来たら、スキーにシールを装着してズリズリと歩き出す。
スキーシールをつけて登る
私はバックカントリー道具一式を長年持っていたのに、なぜか栂池自然園にはいつも登山靴で来ていた…。
スキーにシールをつけて歩くのは今回初なんですが…

メッチャ楽!

同意している笑顔のイラスト
※スキーウェアのイラストを起こしている時間がなかったので…登山ウェアイラストで失礼します。

なんで今まで登山靴で来ていたのかしら?私?
スキーシールが装着しているの歩くのも楽
それにしても暑い…。
この日の東京は真夏日だったそうです。
春なのに暑い日
スリスリ〜と歩いていくと、見えてきました栂池自然園!
栂池自然園が見えてきた
昨シーズンの夏は登山では来なかったので一年ぶり!

本当に広い栂池自然園をだーーーっと突き進んで歩いて行きたくなるけれど、今回はせっかくのバックカントリー装備。
ここは登りましょう!
栂池自然園
ってことで、登ってみたんですが…。

ザラメ雪と気温の上昇でスキーシールが滑って滑って…
登ってはズリッ!
登ってはズリズリッ!
で登れない…。

コンチクショー!

疲れきった顔のイラスト
と勢いをつけて登ろうとしたら…見事に足元が滑り…。登ってきた分…そのまま滑り落ちました。
解けた雪で滑る
落ちた場所から進むべき方向を見上げても…大した斜度じゃないのに…なぜ登れない!
こんな斜度が登れない
悔しいので…スキーアイゼンを取り付けて再び登ることに…。
スキーアイゼンを装着
え?持っているなら最初からつけろって…?
なんかさ〜最初から甘々な状態でトライするのが何だか悔しい天の邪鬼なんですよ。
雪面を登る
で、アイゼンを付けた途端…

登れる!登れるぞ!コレ!

喜んでいる顔のイラスト

アイゼンのギザギザの歯がザラメ雪にしっかり食いつき、スキーシールで歩くことに慣れてない私の動作でも登っていける!
スキーアイゼンを装着してなんとか登れる
歩い程度登って
ふ〜登ったなぁ!
と思って振り返ってみれば…さっきスタートした場所からさほど進んでないよ!
ま、そんなもんだよね。
思ったより登っていない
見上げれば近く見えるあの場所がなかなか近づかない!
ま、そんなもんさー。
近く見えるけれど遠い目的地
とにかく暑さと戦いながら登る…。
上からの下からの照りつけで、絶対に日焼けをする!そう思い…。

ひとりだから、まあいいよね〜!

白い顔のイラスト
で日焼け止めをベッチャリ塗りたくりました。
だって…フェイスマスクを宿に忘れたんだよ…。

そして顔の白いおばさんは、ひたすら進むよ!
広大な栂池自然園
登っていて思うんだ…ああ、この斜度…滑ったら一瞬で通過なんだよね…。
ひたすら雪面を登る
たぶん…この先、あの平らなところが天狗平のハズ…。
そう思いながら、ひたすら進行方向を見ながら…登る!
前のおばさんパーティはお喋りしながら楽しそうに登っている…。
そんな彼女らの後ろを黙々と登り…。

やっと着いたよ!天狗平!
天狗平に着いた
栂池自然園から1時間40分程かかって登りきりました〜!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする