真夏の表銀座を単独テント泊で縦走(2)燕山荘

03燕山荘での決意

ものすごく混む燕山荘テント場はまだガラガラ…。
時間は11時。到着時間が早かったというわけではない。単に今日が平日だからだ。
混み合う日は張りきれず、場合によってはさっき休憩していた合戦小屋まで下ってテントを張るケースもあるそうだ。

どうしよう…このまま燕山荘でテント張ろうかな…。
北アルプスの山々を見る
悩みながら、燕山荘でっc.c.レモンを購入。
小屋前のベンチに座り、飲みながらスマホチェックをすると…。

あぁ!

朝投稿した「これから登山へ行ってきます!」記事に対して、SNSで…こんな私のことをイイネしてくれている…!
いつも一人でトボトボ歩いていて、励まし合う仲間がいない私。
どうせ一人なんだから登山が嫌になったら…いつでも辞めちゃえと思っている私。
そんな私ですが…反応があると…ひとり登山の心細い気持ち分、反応がマホカンタして…すごく嬉しい!

ウン!頑張れる!もうチョット歩ける!大天井まで行くよ!私!

泣いているイラスト

と、この先へ進むことを決意しました!

で…今更ですが、今回の表銀座縦走コースについての計画を明確にしていなかったのここでちょっと説明しようと思います。
今回私が選んだのは表銀座縦走コースを2泊3日で巡る計画。

毎日アルペン号で中房温泉まで行き、そこから燕岳まで登る(←今ここ)
更に燕岳から大天井まで登って大天井荘でテント泊1日目
次の日は大天井荘から西鎌尾根を経由して槍ヶ岳山荘でテント泊2日目
最終日は槍ヶ岳山荘から上高地へ向かって8時間歩いて下山してバスで帰る。

そんな計画なんです。
大雑把ですが、地図もつけておきますね。
表銀座縦走コースの行動予定地図
図を見てもらえばお分かりの通り今回の登山計画ですと、今いる燕山荘は…
表銀座縦走旅のまだ始まり始まり!

過去に中房温泉〜燕山荘〜大天井をテント泊で3回訪れていますが、今回は今までで一番時間がかかっている…。
このペースだと大天井に着く頃には15時…いや!16時近くになるかも!

大丈夫だろうけど…大丈夫かな?

登山中の困っている顔

ふと燕山荘の受付を見ると登山相談所という看板が掲げてありました。
そこで、恥をしのんで聞いてみましたよ…

あの〜…現在11時半前だけど…この時間から大天井を目指すって無謀ですか?
大天井のテント場に16時近く到着って非常識ですか?

不安な顔のイラスト
そこで頂いたお返事は…

…時間的にはダイジョブでしょう。
早く着く分にはそれが一番ですけど

友人

今から振り返れば間抜けな質問でお恥ずかしい!
そんなコトを相談するなって…自分の体力とコースタイムとの兼ね合いで判断しろって!

でもね、シーズン初のテント泊で心がガチガチに緊張していたの!
私がこのブログで初級者の看板を外せないのがこういうところなの…何年単独登山をしてもシーズン初めの緊張にいつも囚われて思考も身体も弱気な子鹿になって常に不安に囚われているトコが…初級者なんだよね〜。

心が決まり、更にc.c.レモンパワーとSNSパワーで充電された私は燕山荘から大天井を目指し再び歩き始めます。

この先に待ち受けるガツンとした下りや厳しい上りも分かっているから大丈夫よ!

ヤル気を出すイラスト

だが、だがね……正午から午後に向けて…気温はますます高くなっていく…燕山荘から大天井までは基本楽しい稜線歩きなんですが…それが、まさか想像以上の灼熱の稜線歩きになるなんて、この時は思いもしませんでした。

次回「真夏の表銀座を単独テント泊で縦走(3)燕山荘から大天井へ」に続きます。
細切れにすることによって山レポの回数を増やすことにしました…。
一個の記事が長くなると、その分山レポ期間が空いちゃうから…!
いいよね?