涸沢カールを上高地ピストンでのんびり単独テント泊(1)

涸沢カールテント泊タイトル

10月下旬の上高地…寒いよね。でも、でもどうしても2018年シーズンの最後にテント泊へ行きたかったの!

  にほんブログ村 アウトドアブログへ
ブログランキングに参加しています。SNSなどにある「イイネ!」みたいなもので、クリックしていただけると…ああ…見ていただけるんだ〜って実感できて嬉しいです。

のんびりテン泊もいいよね

今年はもう北アルプスは終わった、そう思っていたが
やっぱり…もう一度ぐらいテント泊したかったなぁと心の中かもんもん

とりあえず家のことやブログでもやろうかと有給申請をとったその日の天気予報が…あらまあ!晴れ予報!
さっそく上高地行きの高速バスサイトを見てみれば…ほら!ずっと満席だったのに1席だけ空いていた…そうなると…

これは…ウンメイ

わらう登山者のイラスト
なんて思っちゃいません?
思ったので、スグに席をゲットしちゃいましたよ!
思ったら、すぐに行動できる…これひとり登山のメリットですよね?

で、バスの目的地の上高地ですが、なんとさー予定日の前の日、穂高連峰付近は雪!
秋から冬にかけての高山での登山はしたことがない、雪が降るか降らないか?この時期の岩場は滑りやすいと聞くので、

こわい

凹んでいる登山者のイラスト
うーん、上高地から行ける場所といえば…蝶ヶ岳や槍ヶ岳…?
でも…帰りの事を考えると不安だ…そうだ!いいことを思いついた!
初心に戻って涸沢でテント泊をしよう。

私が人生初涸沢に来たのは…もう10年ほど前だったろうか…
友人とワイワイお出かけするのがメインだった頃、何も考えずに涸沢へ来た。
あの時は紅葉真っ盛りで涸沢ヒュッテ激混み!
の切ない思い出しかない場所でした。
寝床もギュウギュウ。
トイレも長蛇の列。
食事も並び…そこら中に横たわる人々…。
登山が趣味じゃなかったあの頃…正直

登山なんかして何が楽しいんだ?

悩む登山者のイラスト

と、かなりドン引きした思い出がある場所。
そのイメージを覆すために、あの頃に気がつけなかった涸沢カールの魅力再発見のために、今回涸沢カールでテント泊をすることを思いつきました。
ココ数年の登山では涸沢カールは通過するところでしたが、今回の目的地は涸沢カール。
今回の登山テーマは…余裕をもって、のんびりとしたテント泊を楽しもう!です。

で…日曜日の深夜便に乗るために新宿バスタへ。
いや〜…しかし!バスタの混雑って、いつ来てもすごいですね…。
特に併設されている女子トイレは…かなり並ぶので、乗車時間に余裕を持って来たほうがいいかな?

新宿バスタ乗り場

今回はちょっと奮発してスタンダードコースより1500円ほどお高い、3列シートの上高地行き。
バス乗車時間が近づいて来たので、乗車エリアへ向かうと…上高地行きのバスが2台並んで停まっている。

えっと…どっちかしら?

考え込む登山者のイラスト
間違えて並ばないように気をつけましょうね〜。

上高地行き高速バス

三列シート車はブランケットやスリッパ…さらに携帯が充電できるコンセントがある上に…隣の席との間にカーテンがしけるのが嬉しい!

三列シートの区切り

座席シートも某登山専門バスに比べてユッタリとしているのが楽〜!
でも…でもね…こんなに至れりつくせりでも…深夜バスって安眠できないもんなんですよね…。

上高地バスターミナル

で…上高地バスターミナルについたが寒い。
さ、さすがー!想定通り!
ザックからフリースを出して、着込む。
トイレや登山届の提出、パッキングをし直していると、近くにいた人が文句を言っている。

上高地のトイレってお金払って使用しているのにゴミは捨てれないのよ!

うーん…。
私はゴミの持ち帰りは当然と思っていたけれど…人によって思うところは違うのね…。

とにかく寒いので、夜明けをまちながら超ゆっくり準備します。

上高地バスターミナルの水場

まあ、寒くて動きたくなかったのが本音。
スッカリ日も昇り、ヘッデンも必要ないぐらい明るくなったら登山スタート!

上高地からスタート!

今回の記事の歩いたコースは下記図になります。
涸沢カールまでの地図
はじめての涸沢カール登山から…もう何度歩いたかな?のドキドキもワクワクもない林道コース。
でも、今回は

ゆっくりと上高地や涸沢を楽しむぞ!

笑う登山者のイラスト
って目的があるから…のんびり歩くよ!

河童橋方面へ移動開始

河童橋付近まで来ると、昨年登った焼岳穂高連峰付近がばっちり見える!

河童橋から穂高連峰をのぞむ

見ていると…
ああ!稜線沿いを歩きたい〜!
と思ってしまいますが…絶対に凍ってますよね!

河童橋から焼岳をのぞむ

我慢ガマン…来シーズン、来シーズンの楽しみ
といいながらも
もしかしたら…槍ヶ岳まで行けるんじゃないか?とか
涸沢カールから北穂高まで登ってみようかな?と欲がムラムラ。

明神池方面へ向かって歩く

それにしても…まー!とにかく寒い!
上着を首元まで閉めて、自分を抱きしめるように歩く…。

木々の間から山が見える

道が平坦な分、歩いていていも体温が上がらないんですよね〜。

寒い林道を歩く

それでも、やはり…上高地は心躍る!木々の間からチラチラ見える山は血が騒ぐ!
ウキウキウォッチングで歩いてたら…あっという間に明神館が見えてきました!

明神館が見えてきた

上高地バスターミナルからここマデは約1時間。
平坦な道ながらも、これだけ歩けば身体もチョットだけ温まり…早朝の上高地バスターミナルの寒さに負けて食べなかった朝ごはんをココで食べようと、ちょっと斜めになっているテーブルの上にスマホを置いたら…

明神館前のテーブル

シャー!

っと滑ってテーブルから落ちそうに…。
う〜ん…ここだけで、こんなに凍っているなんて…。
ここよりはるかに標高が高い場所での岩場やスラブ…絶対やばい!

涸沢だけで帰ろう!

ドキドキしている登山者のイラスト
決意は固まりました!