脱初級者?仲間のサポートを受けて大キレット・ジャンダルム縦走(奥丸山編)

タイトル新穂高温泉から槍平小屋

滝谷出合を渡るための橋が流されたことで、当初の予定よりハードになった登山…頑張るのは2日目の大キレットと3日目のジャンダルム通過だけと思っていたのに…初日からシンドイ登山となりました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01ルートを変更する

前日からの大雨が続き…チビ谷から槍平小屋の間にある滝谷出合にある橋が増水によって流された…橋がなくては渡れない!

その事実にショックを受けながらもKさんとの待ち合わせ場所まで向かう…。
当初決めてあったこのルートですが…
当初の予定地図
滝谷出合を通らないで槍平小屋へ行くなると…奥丸山を登って、下って…つまり山を越えるしかない!
そのコースって健脚のKさんコースの半分の距離じゃない!うわ〜!辛っ!
しかも私の当初のコースタイム8時間より行動時間が2時間ほど多くなる…つまり10時間。

うわあ…シンドイな…

イラスト辛い顔

と思う…でも、でもでも、槍平小屋へたどり着かないことには南岳小屋、そして明日あさってに控える大キレットジャンダルムへ行けないじゃない!

そうだ!行くしかない!行くぜ!おー!

やる気を出しているイラスト

Kさんに相談し…コースを下記のとおりに変更することに…。
変更後の予定地図

Kさん、ゴメンナサイ…私が居なければこのコースなんてお茶の子さいさい、ホイサッサ!で通過できちゃう道のりを結果…ダラダラ歩かせることになりました。

夜中1時過ぎに新穂高温泉の駐車場に着いたのだが、到着時…新穂高温泉は大雨…。
スマホで天気予報を見ると、この雨は夜明けの頃には止んで…その後はお天気回復とのこと。
それを信じて仮眠…起床は2時間後の3時だ。

02新穂高温泉から奥丸山登山口

地図新穂高温泉から奥丸山登山口
起床時間は…3時…。当初の予定より2時間行動時間がかかることになったので、まだ薄暗いうちから出発することに。
車から出ると、霧雨が降っていた…。

アレ〜?今日は晴れるんじゃないの?

不満そうな表情のイラスト
レインウェアを着るまでもない感じだし、天気も晴れるはず…それを信じてレインは着ないことに。

そして、うたた寝ぐらいしかできておらず…非常に…眠い!
半もうろうとした意識の中で登山準備を行い、新穂高温泉バスターミナルまで歩く。
トイレへ行きたかったので、なんとか歩くが…すっごい!眠い!
新穂高温泉からスタート

新穂高温泉バスターミナルで最後の準備を整えたら登山口のあるゲートに向かって歩く。
こんな暗い中を歩くのは一人ではです。

04時36分登山口ゲートを通過

真っ暗な中ゲートを渡る

だんだんと薄明るくなる中、コックリコックリしながらひたすら歩く。
そのままだと寝てしまいそうだったので、ちょっと走ってみたりして身体に変化を加えながら歩く。

橋を渡る

新穂高温泉から小池新道登山口まではほぼ平坦な道で、それが眠気を増大させます…。
虚ろな意識の中で、笠新道登山口との分岐までやってきました。

傘新道登山口の分岐

ここまで来ればわさび平小屋までもうチョット…頑張れ自分!

05時51分わさび平小屋”到着

わさび平小屋

そして1時間15分ほどでわさび平小屋に到着しました。コースタイムピッタリね…。

わさび平小屋で来ても、レインウェアを着るべきか?どうか?悩めるぐらいの微妙な霧雨が延々と降っている。
小屋内の天気予報を見れば…晴れ!
その晴れ予報を信じてレインを着ないまま先へ進むことに…。

わさび平小屋を出て、小池新道登山口方面へ向かって再び歩き始めると道が川になっていた…。
普段は水が流れていない道なので、足元の岩をピョンピョンと渡りながら通過する。

道が川になっている

が、水量が多く…登山靴の私は無事だったが、トレランシューズのKさんはびしょびしょに…。

小池新道登山口まで来たら、ようやく目が覚めてきました。

小池新道との分岐

小池新道から下山してきた時に見かける、コンクリート製の橋を今日は渡る。

奥丸山への道

橋の上にはこんなにハッキリと「奥丸山」と書いてあるんですね。
奥丸山へは、あまり人が行かないのか?本当に進んでいいのかちょっと躊躇する草の茂りようでした…。

奥丸山の登山口

まあ、そうだよね…。
新穂高温泉から登山をするなら、やっぱ大御所の小池新道か滝谷の方へ歩くよね…私も当初の予定ではそうだったもの。

奥丸山の登山口看板

しかし、まあ…本当に進んでいいのかちょっと躊躇する草のしげりようですこと…。

タイトルとURLをコピーしました