人生初の日帰り単独登山を塔ノ岳でデビュー(後)

林道歩き、ああ林道歩き

地図二俣から大倉
もうすっかり道も穏やかになり、大倉方面への道筋もはっきりしている。
後は広い林道をひたすら下っていく訳ですが…これが結構長い、かなり長い。
鍋割山までの道標
林道を…5km以上も歩かなければならないのだ。
川付近
その時の私は山道が終わった油断からか?私、10kmは走れるもんね〜5kmなんて大したことないさ〜!と…余裕こいていました。
山道を降りてきた足で、しかもザックを背負って歩く5kmのキツさをわからず…
木の橋を渡る
そういえば、ここまで車が入ってきていました。林業関係なのかしら???
とにかく歩く、歩く。もう気を使う必要のない林道をひたすら歩く。
山々に囲まれた林道

開けてきた〜!ひゃっほー


ってノンキに浮かれていたこの頃…ここから林道が…林道が…果てしなく続くことも知らず…。
林道歩き3
歩けども、歩けども林道…。
林道歩き2
たまにこんな木道があっても右端に見えている林道…。
林道歩き4
歩いても歩いても大倉までの距離はなかなか縮こまらず…林道は延々と続く…。
林道途中にある道標
左端にちっちゃく写っているのは日本山岳連盟会長尾関廣氏の銅像らしいのですが
林道途中にある銅像
余分に歩きたくないから遠くからパシャリ!
林道歩き
このぐらいまで降りてくると、もう登ってくる人とすれ違うことも無く…一人で黙々と歩き続け…。
林道歩き5

ねえ〜?まだまだ?

表示板が応援してくれる気がする…が書いてある残りの距離を見ては、あまり進んでいない事実にガックリ。
林道途中にある道標2

えーと…あと0.7kmを歩くのに何分かかるの〜?

林道をひたすら…もう、ただただ、懸命に歩きます。
林道歩き6
せめて誰かと会話でもできればこの距離を短く感じることができたのだろうか?
そして…いよいよ何やら大きい看板が目の前に…!
林道終了の看板

やっと、林道が終わったのね…

よし!歩道になってきた!もうちょっとに違いない…歩道もひたすら歩き続け、
道を歩く
車も通る道路沿いも歩き・・・
道路を歩く
そのうち住宅街へヒョッコリ出れました。さっきまで居た山の方を振り返れば…

空がどよーーーーーんとしている…

町中を歩く

雨は降っていなそうだけれども、まさかこんな天気になるなんて…塔ノ岳山頂に居た頃は夢にも思いませんでした。
町中の道標
住宅街に出てもしばらく歩き続けて…実は…住宅街に入ってから迷子になりました…。

13時41分大倉バス停に到着

大倉バス停到着
右往左往し、やっと大倉バス停に到着!水洗トイレに自分で歩かなくても私を移動してくれるバス…文明の利器に再会できた所で本日の登山は無事終了!
自分で立てた行動予定によると下山時間は15時予定だったので、予定時間より早く下山できました。

初の単独登山を終えて

こうして私の初めての単独登山デビューは終わった。
予定時間より早く下山できたし、トラブルも無く…これならこの先も登山を続けられる気がしてきました。
まあ、時期的にこれで2011年の登山シーズンは終了したんですけどね…。私の冬はスキー一色になるので。

そして、もう懲り懲り!次はないね!と思っていた5キロにも及ぶ林道歩き…その数年後、友人らと再び歩きました。
その時も相変わらず長く感じたのですが、1人で歩いた時に比べれば距離は短く感じたかも…。もちろん友人らかは大不評!

ちなみに…写真の中にチラホラでてきたこの人形…私の心の支えになっていました。
時計と人形

トム・ハンクスさん主演の「キャスト・アウェイ」という映画はご存じですか?
あの映画の中で主人公がバレーボールに対して、名前をつけ、一人コミュニケーションを行っていたように、私も不安になった時…語りかけていました…。

エース…私は進んでいいのかな?

バカだな〜!って思うでしょ!
でも、やっぱ不安な時は誰かに頼りたいんです。たかが人形でも初ひとり登山時には大切なパートナーでした。

この時から6年経った今現在は、なくても歩けますよ〜!
この後も幾度か塔ノ岳は訪れています。自分の体力を知る時、気軽に登山の楽しみを味わう時にいつもお世話になっている大好きな山です。