登山中に見かけたヘリコプターに手を振らない

山の豆知識ヘリコプターに手を振らないタイトルイラスト
登山中にヘリコプターを見かけることはありませんか?街で見るよりもずっと近くで飛んでいるヘリコプターについつい手を振りたくなりますが…それ!NG行為なんですって!

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

何時間も歩いて、真っ青な空の下をヘリコプターが颯爽と飛んでいく姿を見て思わず手を振りたくなる時はありませんか?
街ではそんなことなんてしないのに、登ってきた高揚感と山という非日常で感覚が麻痺しているのかもしれない?

登山中に、何故か?ヘリコプターが近くまで飛んで来ることがあります。

なんでだろう?な〜に???
そこで…ヘリコプターに向かって手を振ってはダメです。

え…そうなの…?

手を下ろすイラスト
もしかしたら、そのヘリコプターは遭難者を探しているのかも知れません。
もしくは救助要請した方かもしれません。

迂闊にヘリコプターに手を振るのは

私がアナタの探している人です

という合図になってしまうのです。

誤解を招く行動で、本当の救助を要している人への到着が遅れるコトがあってはなりませんよね。
救助ヘリ

本当に救助を要請した場合

ヘリコプターに見つけたもらうためには、今いる場所を知らせることが重要。
自分がどこにいるのか出来るだけ詳しく伝えます。
よく分からない場合でも、周囲にある岩や目印になりそうなもの…とにかく出来るだけ多くの情報を伝えます。
だいたいでも場所が特定できれば、早め早めの救助に繋がります。

ヘリが上空に来たら手を振る、上着やタオルを頭の上でグルグル回す、ヘッドライトをヘリに向けるなど、何かしらの合図をします。

ダウンウォッシュに気を付けて

ヘリコプターは飛ぶ為に下方へ風を作り出していて、その風によって枝や小石が飛んだり自分や荷物が飛ばされてしまうこともあります。
少し離れているから大丈夫だろうと思っていると、その場所の地形や地上の風の影響により広範囲に達することがあるので、うかつにヘリコプターには近づかないように。

救助活動以外でも、荷揚げ荷降ろしでヘリコプターは山の上をぐんぐん飛んでいます。
一度、五竜岳でヘリコプターの荷降ろし現場に遭遇しましたが…時間のとの、タイミングとの兼ね合いで鬼気迫る雰囲気でした。
荷降ろしヘリ
そんな真剣作業をされているヘリコプター操縦士にヘラヘラ〜と手を振って気を散らせるなんて…。

しちゃならないよね…

見上げるイラスト

ちなみに涸沢カールまで登山へ行った時に、やはりヘリコプターが勢い良く飛んでいて

ヘリだ!ヘリだ!

お先に失礼しますのイラスト
とはしゃいでいたら

あのヘリが運んでいるのウ★コだよ。

って近くの人に言われました。
そうです、ヘリはウ★コも運ぶのです。
とても大変な作業をしている…そんな方の邪魔にはならないような行動をしたいものですね。


参考:長野県 「ヘリコプター救助時の注意事項

kakutama.comの印のつけられていない、山の写真については
フリー写真素材ぱくたそ 様
Pixtabay 様
山岳風景 壁紙/フリー写真 様
から、フリー写真をお借りしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする