利尻島へ行ってきた(2)利尻山がいつも一緒

タイトル利尻島2

ホテルにチェックインしたら、早速利尻島観光に出かけました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01沓形港を探索

今日行動できる時間は4時間だけ、レンタカーは3時間で7000円!ううう…高い…!
どうしようか悩みます。
ちなみにバスも一時間に1本だけな上に、現在地の沓形港からフェリーの到着した鴛泊港まで約2000円!ダンナと2人ですでに4000円はかかる!
ああ、どうしようか?と悩みながら、とりあえず沓形港を探索することに

宿泊したホテルアイランドインリシリからも利尻山がドーン!と見えます。
アイランドインリシリからの利尻山
沓形岬を始め、利尻島には綺麗なビジターセンターが所々に設置されています。
沓形港のビジターセンター
灯台もアチラコチラに、海に囲まれている島なので必要なんでしょうね。
沓形港の灯台
沓形岬はとても開放感があります。
沓形港
ここからの距離を記した看板…東京まで1045mか…思えば遠くへ来たもんだ。
沓形港からの各地への距離
ちょっとした写真でも利尻山のおかげで絵になりますね。
沓形港と利尻山
このまま突っ走れば利尻山に登れそう…
利尻山と私
そう、ロッキー4のロッキー・バルボアみたいに、このまま走っていってあの山の頂に登りたい!
ロッキー4走って登る
テトラポットはどうやら現地で作っているみたい?海に囲まれたこの島ではテトラポットは必需品だし。テトラポットを船で運ぶなんて…無理だよな〜。
沓形港のテトラポット

02レンタカーで巡る利尻島

迷って、迷って結局レンタカーをお借りしました。使える時間は3時間!
利尻島で借りたレンタカー
沓形港近くのレンタカー屋の奥さんが島の見どころなどを丁寧に教えてくれました。

乗ってから気がついたのですが…レンタカーにカーナビはありませんでした(笑)
奥さんの説明ともらった地図で十分なんでしょう。だって島をぐるっと廻るだけなんですもの。
利尻島での行動範囲
その、島をぐるっと廻るだけでも利尻山の表情は常に変わるから見てね、とのアドバイスを頂きポイント、ポイントで利尻山を激写!
利尻山

左手に大きな独立峰、右手に広い海。私の今までの旅行では見たことがない風景です。
利尻島の道路

カーナビがないので、ガイド地図を見ながら走っていると、なにやら見えてきた。
さあ!これが奥さんの言っていた水だ!
利尻島の湧き水の説明
この島の水は全て利尻山から補っているって言ってたな〜山があるから雪がつもり、その雪が溶けるおかげで離島でも水が豊富なんですね。
利尻島の湧き水

道路にある看板もカワイイ!いい出汁がとれそうな温泉ですね。
利尻島の看板たち
こちらはリスが憧れの利尻山を登っている…?
利尻島の看板
そういえば、ホテルの人から聞いたのですが利尻島には熊どころか牛も豚も…そして蛇も居ないそうです。
人間たちが住む前って、どんな島だったのでしょう?
初めて利尻島に済んだ人たちの暮らしは相当大変だったのでは?
そういえば、吉永小百合さんの「北のカナリアたち」という映画は利尻島・礼文島で撮影があったとか…今度見てみよう。

03途切れることのない観光バス

レンタカー屋の奥さんからオススメされた次の観光スポット「仙法志御崎公園」にきました。
時間はもう16時なのに、続々と観光バスがやってきます。
実は行きの船も礼文島から大人数のバスツアーの方々がフェリーに乗り込んできました。
船で見かけたあの人、この人がアチラコチラにいます…。

利尻島を周るならツアーで来た方が遥かにお得なんでしょうね…。
私たちはすでに旭川からレンタカー料金、フェリー料金、レンタカー料金とかなりの出費ですもの…。
続々と来るツアーバス
ここにはアザラシが2頭住んでいるとか…
仙法志御崎公園のアザラシ
観光客の一人が餌を投げると2頭のアザラシに加えてカモメも参戦して餌の奪い合い…。
仙法志御崎公園のアザラシの餌
この写真では伝わらないかもしれませんが、とにかく観光バスが仕切りなしにやってくる!
仙法志御崎公園と観光客

仙法志御崎公園から見た利尻山、山頂あたりが険しいですね。
利尻山は登山道が2コースあるそうですが、もしも利尻山が本州にあったら…いろいろなルートがガンガン開発されて…富士山並みに開発されていたのかしら? 
利尻山、あまり人が気軽に来れない利尻島にあってよかったね。
仙法志御崎公園と利尻山

一応、お土産物屋も探索。利尻島のウニ解禁は6月からなのでお土産物は昆布一色!
ちなみに6月以降の利尻島の旅行代金はむっちゃ高いですよ!
利尻島のお土産物屋

オタトマリ沼に到着

次の観光スポット「オタトマリ沼」に到着しました。
ここは私の愛する「白い恋人」のパッケージのモデルになった利尻山の顔が望めるとか…。
オタトマリ沼と利尻山2
お店の呼び込みも気合入っています。
数年前までは白い恋人の里なんて呼ばれてなかったとか…これも町おこしの一つですかね?
利尻島の白い恋人看板
こちらにも観光バスがいっぱい…。
オタトマリ沼のお土産物屋
でもピークは過ぎていたようなので、静かに利尻山を眺めることができました。
オタトマリ沼と利尻山

その後は利尻島にもある「セイコーマート」に立ち寄ってみた!
冬のニセコ・ヒラフではいつもお世話になっているセイコーマート!北海道に来たら、東京ではいつもお世話になっているセブンイレブンを素通りしてセイコーマートに行くようにしています。
セイコーマート鬼脇店

どこから見ても利尻山は見えて、ほんと山に見守られている島なんだな〜と感慨深いです。
利尻島野塚展望台

逆さ利尻山が見える姫沼園地

ここに来るにはちょっと坂道を登ります。
上り道で見かけたレンタル自転車で登っているカップルが辛そう…。
利尻島姫沼入口
初めての場所だし、ビューポイントがどこだかわからないと不安がるダンナを尻目に歩く気満々の私。
利尻島姫沼吊橋
でもスグに姫沼に着いちゃった。
利尻島姫沼
おお、これが逆さ利尻山?
利尻島姫沼と利尻山
ここからもポン山に登れたそうですが…この時は倒木のため通行禁止らしいです。
利尻島姫沼の遊歩道

04フェリーターミナルからホテルへ

その後はフェリーターミナルに立ち寄った。
17時52分なのですが、港内はすでにもぬけの殻…。
この時間の新宿駅なんて…阿鼻叫喚の人混みなのに…。
鴛泊港ターミナル
ターミナルに貼ってあった注意書き。
利尻山のバックカントリーって憧れるけど一生やるチャンスはないだろうな〜。
フェリーに乗る時の注意点
続いてフェリーターミナルから見えていたペシ岬
全体的に運動不足なので、ここは登りたい!
え〜〜〜〜!と大変後ろ向きなダンナを車に残し、1人登ってきました。
離れてみたペシ岬
旦那曰く「スルスルスル〜」と登っていった私。
ちょっと急斜だし、岩っぽいところもあるのでサンダルはオススメできないですね。
7分ほどでペシ岬に到着しました。
利尻山ペシ岬看板
対比物がないので臨場感をお伝えできませんが、めちゃくちゃ風が強かったです。
利尻山ペシ岬先端
ペシ岬から見た利尻島の町並み…もうお休みモードですね。
利尻山ペシ岬から見た利尻山
あ!そろそろ日が暮れそう…!アイランドインリシリから夕日を見ようと思っていたので急いで下ることに。
利尻山ペシ岬から見た漁港
行きはよいよい帰りは怖いじゃないけれど、急斜だし、岩場だし、結構切り立った道なので帰りは結構気を使いました。
うっかり登った人は降りるのが大変なのでは?
利尻山ペシ岬から降りてきた
会津藩士の墓もありました。が。私は歴史に詳しくないのでよくわからない…
ペシ岬の会津藩士の墓
車に戻るとダンナが急いでホテルに帰ろうと焦ってました。
そう!レンタカーの返却時間も迫っていたのです。
利尻島の道路
レンタカーを無事返却し、ホテルの屋上へ!
ホテルの屋上にも各地への距離が書いてある。
昨日までいた稚内が遠いです…海って広いな〜。
アイランドインリシリからの各地への距離図
ホテル屋上からみた利尻島の町並み。
アイランドインリシリから見た町並み
無事、沈む夕日を見て利尻島を満喫しました。
アイランドインリシリから見た夕焼け

利尻島へ行ってきた(3)帰りのフェリーとその他オマケへ続く。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする