残雪時期の八方池ぶらり散歩

八方池さんぽタイトル

冬は滑るばかりの白馬。バックカントリースキーツアーに入って幾度かは山方面へも行ったことがあるけれど、なかなかゲレンデを飛び出してまでは登りに行かない。
けれども、年々「スキー < 登山」になりつつある昨今、冬の終わりとともに山への思いも募ってきたので、滑り馴染んだゲレンデではなく、ちょっとお山近くまで散歩に出てみることにしました。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01リフトに乗って登山口まで

まずは八方尾根スキー場のリフトを利用して、リフト最終地点のグラートクワッドリフト降り場を目指します。
リフトでグラートリフト降り場を目指す
初めて八方尾根スキー場へ来た頃は

なんて広すぎるスキー場なんだろう…

ビビっているスキーヤーのイラスト

と。ゲレンデ内で迷子になったものですが…。
ここ数年は八方尾根スキー場で滑る機会がかなり増えたおかげで、どのリフトに乗ればどこそこまで行けると自分で判断して移動できるようにまで成長できました!
真っ青な空
紫外線をたっぷり含んだ日差しが眩しい〜!
けれども雲一つない、真っ青な空は見ているだけで心も晴れる〜!
グラートリフト
最後のグラートクワッドリフトに乗って、これから向かう白い山を見ていると早く登りたくてウズウズしますよ。
八方池山荘
こちらはグラートクワッド下り場の目の前にある八方池山荘。
今シーズンのスキーのランチに初めて入ったのですが、マンガの量が半端ない〜!
私がここに泊まったらきっとマンガを読みふけって終わりそう。
グラートリフト降り場
リフト降り場の向かいに、唐松岳方面への入り口があります。

その入口近辺にはビーコンチェッカーや雪崩情報なども記されています。
八方もいつの間にかこういうコトを始めたんですね。素晴らしい〜!
グラートリフト降り場の注意書き
ゲレンデのバーンからは一段分高い場所への雪の斜面。
そこを板を脱いでツボ足で登ってゲレンデとの境界線を越えます。
注意書きを読んでから
ちょっと登った先の平らな雪面でスキー板にスキーシールを貼り付けます。
スキー板にシールを張る
ここら辺りは風景を見に来たスキーヤー、ボーダーさんもたくさん。
装備を見れば、冬山登山者、ツボ足のボーダーさんも多い。

何だかスキーシールなんて仰々しい?なんて思ったりもしましたが…まあ、練習も兼ねているのでシールをつけて登ります。
青い空と白い山
ホントは仲間がいた予定だったんですが、諸事情でスキーへ来れなかったので一人で登ることに…。
そう他の仲間に告げて一人歩き出しました。

一人で唐松岳へのハイクはそんなに自信がないので、八方池まで行って帰ってくる。

歩くスキーヤーのイラスト
行動予定地図
そう、自信がないコトに対してはかなり後ろ向きなのが私の登山。

02青空の下歩く

スキーシールをつけると、スキー板が後ろに滑り下がることなく上り斜面を登れます。
グラートリフト降り場から登る
昔のバックカントリースキー仲間がいなくなってしまったので、久しぶりのスキーシールをつけての登り…シールが噛みつかない斜面だとちょっとズリッと滑りがち…こういうのも経験なんですよね…。
上手い人はスルスル登っていく。
ツボ足の若者たちにもドンドン抜かれていく〜!
眼下に広がる白馬の町並み
唐松岳を正面に見て、左手に白馬の町並み。右手に白馬の峰々。

はぁ〜

笑顔のスキーヤーのイラスト

の言葉しか出てこない楽しい雪山歩き。
右手に山々
ふと左手を見ると、階段が。
夏の登山道がちらりと見える
ああ、この階段は夏に唐松岳へ登った時に登った階段。
あの時はジグザグと登っていきましたが、階段が木々が雪に覆われた今はひたすら直登!
直登で登る
おお!ケルンが見えてきた。
八方尾根スキー場から八方池までは大きなケルンが点在しています。
今日みたいに晴れきった日ならなんの問題もなく歩けるこのルートですが、ちょっとでも視界が悪ければ現在地を見失うとか…そんな時にケルンは心強いんでしょうね。
ケルンが見えてきた
途中ですれ違った登山者のオジサンに

帰りは楽だね〜

と声をかけられました。

うん、私がいまいち雪山登山に踏み切れないのはやはりスキーが好きだから!
スキーで登れるならスキーで登って帰りはサーッと滑って帰ってきたい…さらにその滑る斜面がパウダーだったら尚良しなわけで…。
その先の山々もよく見える
ほぼ、雪に覆われた斜面ですが、時おり何かがヒョッコリでている。
夏の登山で見た小屋

あ〜!そうそう!あの小屋も夏山登山時に見た!

横向きのスキーヤーのイラスト
夏に登っておくと、冬の山も更に楽しいってこういうことですね!
再びケルン前
また、大きいケルンが出てきた。
白い山にケルンかっこいー!
目印になるケルン
今回、この写真たちをパソコンに落として、管理アプリで整理していてギョッとした一枚…。
ちょっと顔に見えるケルン
得体の知れない生物が写っている!

……
………先程のケルンの別の顔です。
人は点が3つあると顔に見えるといいますが、これは鼻の部分まで…作り手さんソコんトコ狙ってる?
遠くに見える山々
相変わらず山座同定ができないのであそこに見える山が何だかわかりません。
もう八方池につく
スキーシールで登っているおかげで対して疲労を覚えず、あっちこっちを見ている間に気がついたら八方池近くまで来ていました。
夏山だと、ここに来るまでも長く感じたんだけど…なんでだろう?スゴく楽に来れた。
う〜ん…これは検証のために今シーズンの夏の唐松岳ももう一度来ねば!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする