脱初級者?仲間のサポートを受けて大キレット・ジャンダルム縦走(大キレット編)

タイトル大キレット部分

登山2日目、いよいよ念願の大キレットを歩きます。一般登山道では1、2の難易度を誇る大キレットを通過した時の思い出です。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01南岳小屋で準備を整える

朝3時に腕時計のアラーム振動で目が覚める。
周りはまだ寝静まっているので、そ〜〜〜っと布団を抜け出して部屋の外へ。そうそう、女性部屋は小屋の2階でした。
そのまま廊下に置いておいたザックを持って1Fの談話室で身なりを整える。

4時近くなると小屋のスタッフも行動を始めたようで電気がつき始める。
食堂前にポットが置かれたのでお湯料金を払って500mlのお湯を購入して朝ごはん…やはり温かい飲み物はホッとしますね。
そうそう、南岳小屋には南岳小屋オリジナルグッズや
南岳小屋のオリジナル商品
お菓子や焼酎・いいちこなども売っていました。
南岳小屋の売店
ご飯を食べるのも、トイレへ行くもの小屋だと本当に楽だな〜と久々の小屋泊を満喫していたが…便利さ故に準備も早々に終わってしまった…。
Kさんとの約束の時間は5時に小屋前。
まだ時間があるのでヘルメットをかぶって鏡の前へ行ってみる…ちょっとでも可愛く見せたい女心ってヤツですヨ。
南岳小屋のトイレの前で身繕いを整える
で…被ってみるが…。

なんか変

ヘルメットを被ったイラスト

ヤッパリ変

なんで、なんでこんなにヘルメットをかぶった私は変なんだろう?(←頭がでかいから)
頭とヘルメットの間に緩衝材として巻いているタオルを巻き直したり、ヘルメットのバンドを調整したりして少しでもマシに見えるように頑張るが…変!
頭の上にヘルメットが乗っかている感がものすごくみっともない!

どうにも変!


仕方がない…見た目は諦めよう…。
かぶりたくないけれど、身の安全のためには必要なヘルメット…。
開き直ってしっかりとヘルメットをかぶり、ヘルメットがぐらつかないようにしっかり顎下のバンドも締めました。

ちなみにダンナにも私のヘルメット姿は変だと笑われています。
世の中で一番、私のコトを贔屓目で見てくれるダンナにもですよ!

頭の上に頭が乗ってる〜!

会話する夫婦のイラスト

昨日乾燥室で乾かした登山靴も奥まですっかり乾いてて安心。
これがテント泊だったら乾いたかどうか…本当に今回は小屋泊にしておいて良かったです。
困ったことが起こっても何とか回避できているのが今回の登山がうまく回っている感に包まれて…うん!今日の大キレットは大丈夫に間違いない!

登山靴も履いたし、ザックの調整も終わって本当にやることもなくなったのでキャンプ場のKさんを見に行くと…テントの撤収作業に手間取っていた。
ものすごく寒い夜だったようで、テントの結び目が凍りついてほどけない!
しかもテント泊で冷え切ったKさんの指は結び目をしっかりつかむことができないらしい。
南岳小屋のキャンプ場は寒かった
小屋で温々と眠り、温かいものを飲んだ私の指先はポカポカ。
昨日、そしてこれからのお礼の変わりにテント撤収作業を手伝うことに…って結び目をほどいただけだけど。

テント撤収経験だけはKさんより日数多いもんね!

不満を抱えつつも笑っているイラスト
テントの撤収を終えたら…いざ大キレットへ!
日が昇る前の山並みのシルエット
南岳小屋を通り過ぎて大キレットへ向かおうとした時に朝日がさしてきた。
いい天気!これ、この天気を狙って今日来たんだもの!天気予報当たってよかった!
朝日が昇った
振り返ると槍ヶ岳も赤く染まっている。
槍ヶ岳が赤く染まった姿
進む大キレットも真っ赤。
大キレットも赤く染まった
けれど、私が赤くならないよう気をつけて大キレットへ挑もう!
振り返ってお世話になった南岳小屋に別れを告げる。
南岳小屋に別れを告げる

02南岳小屋から長谷川ピークまで


今回は距離自体は短いので通った登山地図はコレのみにします。

大キレットは槍ヶ岳と穂高連峰を結ぶ稜線上の大きく切れ落ちた部分のことを指し、国内の一般登山道では最大の難路と言われている。
そして…滑落や落石による事故が毎年のように起こっています。
誰も事故に会いたいと思って通る大キレットではない、うっかりした時、もしくは不慮の事態に巻き込まれて結果事故に繋がったのだろうと思うと…気がひきしまります。

05時31分大キレットに入る

出だしは下る
南岳小屋から出て直ぐに大キレットの下りが始まる…心の準備が〜!なんて言っている距離もない程、直ぐにです。
これから向かう大キレット
下りの取り付きには「大キレット」標識があるらしいのですが…見つけられませんでした。
昨日の南岳新道でもお目当ての看板が見つけられなかったし…私看板にご縁がないのかしら?
唯一見つけたのがこの道標…。
道標が行き先を示す
獅子鼻岩の右手から大きく下る。ここを下るには両手両足を使っての三点支持が必須。
急な場所を三点支持で下る

昨日の南岳新道で岩場歩きの練習効果が試される時だ!

やる気を出しているイラスト
続いて、鎖のかかる足場の悪い箇所も下りて行きます。
Kさんはクサリに頼らず降りていく…。
鎖場のある下りを下る
最初っから岩場満載なのだが、ここは左右が切れ落ちていたり狭い道ではないので穏やかな心で下る。
大キレットに近づいていく
この長い長いハシゴ2台を降りたら…
直角なハシゴを下る
底部に着きました。
長い直角なハシゴ
ハシゴから降りて見上げると、頭上にそびえ立っている南岳獅子鼻岩の岩峰に圧倒されます。
岩場を乗り越えて進む
その先は大岩の重なる岩場の尾根を上り下りしながら、歩いていきます。
想像よりも岩場も崖もなだらかで足場もしっかりしていたので、昨日の南岳新道訓練を終えたばかりで岩場麻痺している私にはあまり怖くはありませんでした。
目の前に広がる岩場
歩いてきた道を振り返ると南岳のドームが覆いかぶさるようにそびえ立っている。

途中でふと気がついたブロッケン現象。
ブロッケン現象
ブロッケン現象って貴重なんですよね?
でもブロッケンって聞くと、いつもキン肉マンに出てくるブロッケンJrを思い出して一人で口元がニヤニヤしている私…。
結構しっかりした足場
その先の道も見晴らしの良い稜線を見ながら歩きました。
岩場をひたすら登る
風景に見惚れて足元がおろそかにならないように注意…。
滑らないように気をつけて進む
天気に恵まれたおかげで遠くに見える北穂高小屋の上りが常に見えています。
天候に恵まれた日
振り返ると、今まで歩いて来たルート。
前を見ても、後ろを見ても大キレット楽しい〜!としか思えない楽しい道のりです。

登山道はペンキ印が細かくつけられているので、常にペンキマークの先の先を確認しながら歩けば迷うことはないかと…。
北ホがお茶に見えた
えっと…このペンキじるしの北ホってお茶のに見えません?
その後も歩き…
トラバース道もある
上り…
急な岩場の登り
腕を使い…
三点支持で登る
岩にしがみつく。
しっかりとした岩は安心
そんなコトをしている内に道はだんだんとハードになってきました。
ナイフリッジっぽくなってきた岩場
足元を覗けば、滑落したら止まることなく下まで落ちていきそうな斜面の滝谷が広がっている。
落ちたら終了な斜面
そして、岩場を登り切った場所に書いてあったその文字は…!

06時53分長谷川ピークに到着

長谷川ピークに到着
そう、とうとう馬の背と呼ばれる難所の長谷川ピークに到着したのです。
実は切れ落ちている
ここからが大キレットの核心部と言われる場所に入るんだそうです…確かに長谷川ピーク以後から大キレットの道のりはハードになりました。
左斜面に落ちたらやばい
もうね、落ちたらタダではすまない光景が眼下に広がっています。
乗り越えるのが大変なナイフリッジ
長谷川ピークの進み出しはリッジの向かって左側、途中で刃をまたいで右側へ移動しなければならないのですが…その刃をまたぐ動作をするのにドキドキ。
だって刃を渡るんですもの!
狭い足場
鉄杭や鎖がかかっているおかげで渡りやすくなっているとはいえ…簡単な道とは言えないよ。
なに?この右へ左へ切れ落ちた稜線!しかも狭いよ!
長谷川ピーク以降からキツイ
ここでは向こうから来る人とすれ違えないので、向こうから人が来ていないか確認してから進むことに。
足場はあるので慎重に進んでいきます…。
作られた足場
右側に越えた先には岩に取り付けられた4つの足場があります。
これを踏み外さないように気をつけて通過して飛騨側に下りて行きます。
緊張感のある岩場を進む
長谷川ピークに着くまでは、大キレットたいしたことないかも〜?と慢心気味になっていたのですが長谷川ピークで初心に戻りました。
そりゃあ、岩場に張り付いて動けないよ〜!って道ではないですが…落ちたらオシマイです。
前日の奥丸山での木の根っこ滑り事件のように油断した時に何かをしでかすタイプなので

思ったより簡単だったネ!

冗談をいっている
で浮かれないように幾度も自分に

調子に乗ってんじゃないぞ〜

ネガティブな顔
と言い聞かせて、先を進むことに…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする