リベンジ蝶ヶ岳テント泊!三股登山道を単独で登る(後編)

リベンジ蝶ヶ岳タイトル2

三股駐車場到着時は断念しかけた蝶ヶ岳登山。11時に登山開始という、あまりにも遅いスタート時間で山に登り始めた私は日が暮れる前に無事山頂にたどり着いたでしょうか?

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

01稜線を歩いて蝶ヶ岳山頂へ

蝶ヶ岳地図大滝山との分岐から蝶ヶ岳山頂
今度こそ…今度こそで歩み続けると、ようやく森林限界を超え、稜線に出ました。
大滝山との分岐の稜線
やっとここまで来たよ〜!あ〜!しんどかった!と思いながら歩いていると、すぐに大滝山との分岐点に出ました。
大滝山との分岐に到着
分岐点の道標はこれから向かう蝶ヶ岳と大滝山へ分かれています。
蝶ヶ岳と反対側を見ると、見事な雲海が広がっていました。
大滝山との分岐から見る雲海
前に来た時は何も見えなかった、そして寒かった稜線ですが、今回は視界100%!
そう!コレよコレ!これが稜線歩きの醍醐味よ!
見上げるとハイマツが広がっている。
ハイマツの中を登ってく
ここからわずか5分ほどで稜線に出ると蝶ヶ岳山頂です。
風と雨にさらされたあの時はこの道がどれだけ長く感じたことか…。
今はただ、ただ楽しい!

15時06分蝶ヶ岳テント場に到着

そして、とうとう蝶ヶ岳山頂に着いた!
蝶ヶ岳ヒュッテが見えてきた
休憩なく進んできて、登山口から3時間39分で山頂につくことができました。
一番懸念していた、日が暮れる前に着いて良かった!

02蝶ヶ岳山頂を楽しむ

友人絶賛の蝶ヶ岳からの眺めです。
蝶ヶ岳ヒュッテに到着
広い山頂は景色をゆったり楽しめます。
蝶ヶ岳ヒュッテからの眺め
テント場はもう、どこもかしこもテントだらけだ。とうのとっくに登った仲間たちはどこだろう?前に設置した所アタリかな?
おお!!居たぞ!前と同じ場所に仲間がいたー!

たまごさんコッチ!

全員が揃っているイラスト
近くににじり寄ると何故かゲラゲラ笑われる、何故だろう?しかたがないので笑い返す。

ハハハハハハハハハハハ

大笑いしているイラスト
お互いクライマーズ・ハイかしら?

荷物を下ろして、テント泊の準備を整えると…もう夕食の時間だ。
蝶ヶ岳ヒュッテで天水とビールを買ってきて、夕焼けの中、6人で鍋!

ああ、ひとりじゃない夜って…楽しい…

満足気な顔
いつもひとりでモソモソとご飯を食べ、シュラフに潜り込んで周囲の楽しい声をBGMにして眠りにつくことに慣れていた私が、今!憧れの和気あいあいの団欒を過ごしていますよ!

ご飯を食べ終え、一息ついた時…ダンナから大丈夫?とのメールが来た。
メールを読むと…御嶽山が噴火したらしい…。

へ?何?え?

登山装備を背負って座り込んでいる姿
そうです、私が蝶ヶ岳に登った日、御嶽山が噴火し、痛ましい山岳事故が起こった日でした。
急いで蝶ヶ岳ヒュッテへ行ってみればテレビでずっと報道が…
蝶ヶ岳ヒュッテの中
被害が出ないことを願いながらその夜はそのまま解散へ…。
夜のテント場

5時00分起床

朝日が昇る
まだ夜が開けきる前に起床し、顔も洗わないまま外へ。
日の出を見ようとアチラコチラから人が出てくる。
朝日を見るために山頂へ
5時24分には薄暗かった山々も
まだ薄暗い山々
20分後には日に照らされて赤く染まってきました。
赤く染まった山々
蝶ヶ岳山頂にも来てみました。
蝶ヶ岳山頂で撮影
朝日が眩しい…!
朝日がオレンジ
御嶽山の煙が横に長く、長く、たなびいています…。
雲海
すっかり日が昇り、テントも乾いたのでテント撤収作業に入る。
テント場撤収
今回は日の出をゆっくり見て、その後もゆっくり朝食をとったのでテントに張り付いていた結露もすっかり乾いています。
ここが今回お世話になった地面。
テントをはっていた場所
フラットで石の少ない場所だったのでよく眠れました。

03下山へ

蝶ヶ岳地図ま蝶ヶ岳から駐車場
では、左手に山々を見ながら下山です。
広がる山並み
今回の下山も登ってきたルートをピストンで下りるので特筆することはありません…。
さて下山
そして帰りは仲良く6人並んで下山なんだけど…いやあ!全く変わらず会話のないまま歩く、歩く。
下山を開始したと思ったら、あっという間に分岐点辺りまで来てしまった。
山頂を振り返る
その後も会話のないまま、ひたすら降りる!
あっという間にまめうち平まで降りてきちゃった!
帰りのまめうち平
ゴジラの木に足を止めることなく、
帰りのゴジラのような木
ザッ!ザッ!ザッ!
ガッツク下る
木々の木漏れ日を見上げることもなく、
下山道
ザッ!ザッ!ザッ!
ドンドン下る
吊橋に動じることもなく
帰りの吊橋
ザッ!ザッ!ザッ!
ドンドン下る
林道に出れば振り返ることもなく
帰りの林道
ザッ!ザッ!ザッ!

まるで男塾だ

疲労困憊のイラスト

10時23分三股駐車場に到着

三股駐車場に到着
まめうち平での小休憩も含めて、2時間35分で下山してきました。
前回からの3年の間に私の心ない写真撮影テクニックも上がったようで下りの写真も結構撮れていました。

そういえば、三股駐車場にクマ注意の看板がありました。
友人Xは以前、蝶ヶ岳の帰りの車を運転している時に駐車場出て直ぐの山中でクマを見たとか…!ホント?車で通れる範囲まで降りてきちゃってるなんて…怖いですね。

その後、ダンナと合流したら風呂&ご飯。
それが終わったら…すぐ解散!渋滞が嫌なんだって…。ははは…。
帰りの車では昨日から今日まで登山中にあったアレコレをずっとダンナに話しながら帰りました。無言の下山でくだらない会話に飢えていたの。

こうして、私の三度目の蝶ヶ岳登山は終わりました。
3年前の風と雨の蝶ヶ岳、そしてまだ記事にはしていないのですが燕〜大天井〜常念〜蝶ヶ岳〜上高地で訪れた時も雨の蝶ヶ岳、そしてようやく3回目にして晴天下で蝶ヶ岳を過ごすことができました。

今回記事を書いていて、蝶ヶ岳山頂のまったりとした雰囲気がまた恋しくなってきて、また登りたいのですが…いかんせん、公共機関を使っては三股ルートは厳しいのが現実。私が行くとしたら常念経由か縦走計画に組み入れないと蝶ヶ岳へは行きづらいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする