体感温度

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語体感温度がそれぞれ違うイラスト

類 似 語ないみたい


そのときの条件下で体で感じる主観的温度。
気温が同じでも風があたると寒く感じ、も湿度が高いと暑く感じるそうだ。また、雨や汗・日射などによって体感温度はそれぞれ異なる。

標高が高い山へ登れば登るほど気温は下がり、風があるとさらに寒く感じる。
体感温度の表
風速1m/sにつき体感温度は1℃下がる。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Manohiro より:

    こんばんは、Manohiroと申します。

    我々のクラブは、1000mまでの関西の山です。
    それでも、秋になるとウェアーには要注意です。
    風、あられ、みぞれ、などが、急にやってくることがある。