ガレ場

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語ガレ場を下る男性のイラスト

類 似 語がれ、ざく、ガラ場、ザレ場


岩壁や沢が崩壊して大小さまざまな岩や石がゴロゴロ散乱している斜面。
ザレ場と呼ぶ場合もあるが、基本的に「ザレ」より石が大きく傾斜角が30度以上の急なものを「ガレ場」と言う。
ガレ場の中に登山ルートが付けられているケ-スも多いが、岩や石が安定していないことから、歩きにくい場所です。
ガレ場を登る時は石を落とさないように気をつけよう
浮石や落石に充分注意して歩行する必要がある。

ガレ場、ザレ場、岩場の違い

ガレ場、ザレ場、岩場の違い

ガレを歩くときのポイント

ガレ場を歩く時に一番気をつけたいのが浮石です。
浮石は、地面と接地しているように見せかけて、実は石と石の間に挟まって地面から浮いている場合があります。
この石を踏むと、石がズレて足場が崩れることから転んだり、足を痛めたりするケースがあります。
また、踏み外した石が下に落ちると、下の人に怪我をさせたり、さらなる崩壊を招いたりして大変危険です。
ガレ場を下る時は転ばないように気をつけよう
ガレ場を歩く際は安定した石を選びながら歩くようにしましょう。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする