へつる

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語へつる

類 似 語へつり


沢や沢沿いのルートにおいて、岩場などの障害物のために、水流のすぐ上の岩場などの岸壁をへばりつくようにして横に進むこと。
足を踏み外せば水流に落下することになる。
沢や谷でなく、「へつるように付けられたルートを慎重に進む」などの表現で、山の急斜面を横断する場合にも使われる。

ちなみに私は「へつる」の意味を…「屁が漏れる」と思い、大きな誤解をしていました。
なので、危険場所を歩いていて「へつってる」と言われても屁に関することではないので動揺せず慎重に歩いて行きたい。
へつりながら歩いている
私はまだ行ったことがないのですが、黒部にある下ノ廊下はこんな風に渡るのですか?
行くとしてもやっぱり1人なのかなぁ…心が折れそうな時に励ましてくれる誰かや、通りきった時の達成感を誰かと分かち合えない…と思うと、行ってみたいけれど1人じゃ行けない場所の一つです。

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする