ゴーロ

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語ゴーロでびっくりしているイラスト

類 似 語ごうろ、ごうら、ごろう、がわら


大きな石や岩がゴロゴロ散乱している場所(地形)のこと。
石や岩の大きさはさまざまで、小さいものから数メートルを超える大きさの岩もある。
中には安定していない岩も多く、浮石も多い。
石の上に乗って滑ったり、バランスを崩して転倒したりすることもあり

ゴーロの浮石にびっくりしている

斜面のある場所では落石の可能性もあるので気をつけましょう。

ゴーロで落石を起こす

北アルプスの野口五郎岳・黒部五郎岳はその地形の特徴の、大きな石がゴロゴロしている「ゴーロ」「五郎」の字を当て山名としている。
野口五郎岳の野口は大町市の集落「野口」から。黒部五郎岳の黒部は「黒部村」から命名されたそう。
他にも、西丹沢のゴーラ沢、箱根の強羅(ごうら)もある。こちら当て字であり、深い意味はない

来シーズンはどちらの五郎にも行きたいな〜

野口五郎岳に登りたい
※野口五郎さんです…似てない…

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする