登り優先

山に関わる言葉を集めてみました。

山の用語集INDEXへ 

登山用語登り優先を誇示する人のイラスト

類 似 語ないみたい


狭い山道で登山者同士が鉢合わせた時、下りの者が登りの者に道を譲る習慣。
登りは斜面の上にいる下山者を発見しずらく、下りは視野が広く状況確認をしやすいので下り側が道を譲ったほうがよいという習慣。
基本的には譲り合い精神であって登りの者に完全優先権があるわけではない。
場合によっては登りの者に譲ってもらった方がよいこともあるので状況に応じて、譲ったり譲られましょう。

過去に、私がほぼ橋を渡り終えそうな時に登ってきた人が橋を渡ろうとして険悪になったことがある。そのオッサンの一言が
「登り優先だろうが!」
登り優先を誇示するおじさん
ええーーー!だって、橋をほぼ渡り終える時に橋に乗ってくる?
やはりこんな時も登り優先なんですか?

また、登ってきた人が、疲労のためゼエゼエしていると譲ったほうがイイのか?どうか悩む。
譲ったことによってその人が小休止するタイミングを逃したのではないかと危惧するが…どうなんでしょう?

また、自分ひとりに対して団体ツアーが登り優先顔で道を独占するとき…どうしても大きな心でごゆっくりどうぞ〜とは言えない私です…
なんでもそうだけどしてもらって当然!って言うのは感じわるいんだよね。

ブログランキングにも参加しています。左が人気ブログランキング、右がにほんブログ村です。押していただけるととても嬉しいです。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ

「山の用語集」投稿時、参考にさせていただいたサイト様(敬称略)
Wikipedia、コトバンク、goo辞書、ヤマレコ

詳しいことは自分で調べてください。
ものすごく間違ったことを書いていたら指示お願いします。オススメの山の用語がありましたら教えてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする